24 佐藤友哉の本

2007.04.29

1000の小説とバックベアード

20060712_002 似つかわしくて異なるもの。内面的に。或いは、思想的に。それらに対する足掻きは、きっと無駄のようで無駄じゃない。費やした時間すべてが、どこかで必ず糧になる。そんなことを思うわたしは、まだまだただの甘ちゃんだが、漠然としながらも、足掻きを認める強い気持ちが確かにあるのだった。佐藤友哉著『1000の小説とバックベアード』(新潮社)。この物語で、似つかわしくて異なるもの。それは、“片説家”と“小説家”。片説家が、ある特定の人に向けて物語を紡ぐのに対して、小説家は、大勢の人に読まれることを想定して物語を紡ぐ。物語の主人公は、片説家の一人であって、小説家じゃない。だが、解雇されてから、途方に暮れていたところを、或る女性から小説を依頼される。

 「私のために小説を書いてほしい」そう頼まれては、元・片説家はじっとしていられない。なおかつ、生活もかかっているのだ。また、小説を依頼された女性の失踪中の妹に贈られた片説というのが、主人公のかつていた会社のものだったことであるとわかると、なおさら。そこで、主人公の友人である探偵に、失踪のゆくえを頼んでみることに。その後、物語は意外な方向へと展開されてゆき、片説と小説の狭間で揺れ動く主人公の心情などが少しずつ明らかになってゆく。作中の、文学史を紐解いてゆくような場面や、小説に対する想いが語られる場面など、文学好きにはかなり興味深いものになっている。そして気づくのだ。自分自身が、どれほど文学というものを愛おしいと思っているか、を。

 だが、読み手であるわたしたちは、ひとつひとつの作品にどれほどの想いが込められているのか、知る術がほとんどない。いくら読んでも、その真の姿には、近づけないままなのだと思う。もし、或る人が“これは小説です”と言えば、あらゆるものが小説になる、そんな時代である。その環境の中で、生き残るべくして記憶に刻まれる作家というのは、やはり文豪と呼ばれる類の人。または、それに近い功績を残した人である。時が経てもなお、色褪せない人。つまりは、才能があるだけじゃなく、活動内容も伴っている、そういう人でなければならない…なんてことを思う。だからこそ、こちらに求められる無数にある課題ひとつひとつは、読み手であるわたしたちの永遠なる宿題のようなものだ。

41045250221000の小説とバックベアード
佐藤 友哉
新潮社 2007-03

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

01 安房直子の本 | 01 雨宮処凛の本 | 02 池澤夏樹の本 | 03 いしいしんじの本 | 03 石井睦美の本 | 03 絲山秋子の本 | 04 井上荒野の本 | 04 稲葉真弓の本 | 05 岩阪恵子の本 | 06 魚住陽子の本 | 07 江國香織の本 | 08 大島真寿美の本 | 09 小川洋子の本 | 09 長田弘の本 | 10 荻原浩の本 | 11 尾崎翠の本 | 12 恩田陸の本 | 13 角田光代の本 | 13 鹿島田真希の本 | 14 金井美恵子の本 | 14 金原ひとみの本 | 15 川上弘美の本 | 15 川端康成の本 | 16 北村薫の本 | 17 桐野夏生の本 | 18 久坂葉子の本 | 18 倉橋由美子の本 | 19 栗田有起の本 | 20 黒川創の本 | 21 小池昌代の本 | 22 河野多恵子の本 | 23 桜庭一樹の本 | 23 酒井駒子の本 | 24 佐藤亜有子の本 | 24 佐藤友哉の本 | 25 佐野洋子の本 | 26 重松清の本 | 27 澁澤龍彦の本 | 28 島田雅彦の本 | 29 島本理生の本 | 30 清水博子の本 | 31 庄野潤三の本 | 31 朱川湊人の本 | 31 笙野頼子の本 | 32 瀬尾まいこの本 | 33 嶽本野ばらの本 | 34 太宰治の本 | 35 田辺聖子の本 | 35 谷崎潤一郎の本 | 36 多和田葉子の本 | 36 津村記久子の本 | 37 中島たい子の本 | 37 中島京子の本 | 38 中島らもの本 | 39 長野まゆみの本 | 40 中原昌也の本 | 40 夏目漱石の本 | 41 中山可穂の本 | 41 中村文則の本 | 41 楡井亜木子の本 | 42 蜂飼耳の本 | 42 長谷川純子の本 | 43 服部まゆみの本 | 44 平田俊子の本 | 44 東直子の本 | 45 古川日出男の本 | 45 福永武彦の本 | 46 星野智幸の本 | 47 堀江敏幸の本 | 48 前川麻子の本 | 48 町田康の本 | 49 三浦しをんの本 | 50 皆川博子の本 | 51 村上春樹の本 | 52 本谷有希子の本 | 53 森絵都の本 | 54 山田詠美の本 | 54 湯本香樹実の本 | 54 矢川澄子の本 | 55 吉田篤弘の本 | 56 吉本ばななの本 | 57 吉行淳之介の本 | 58 海外作家の本(アメリカ) | 59 海外作家の本(イギリス) | 60 海外作家の本(フランス) | 61 海外作家の本(イタリア) | 62 海外作家の本(ドイツ) | 63 海外作家の本(ロシア) | 64 海外作家の本(その他&分類不可) | 65 新潮クレスト・ブックス | 66 Modern&Classicシリーズ | 67 白水Uブックス | 68 エッセイ・詩・ノンフィクション本 | 69 アート・絵本 | 70 漫画本 | 71 猫の本 | 72 犬の本 | 73 心理学・精神医学関連の本 | 74 その他の本 | ウェブログ・ココログ関連 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌