« 冬の物語 | トップページ | 失われた時を求めて »

2016.03.28

プニン

20160326_5007doris 読むほどに愛おしさが募ってゆく。プニンという人を語る視線は親しみに満ちている。われらがプニン。そう語る言葉は、だからこそ時に容赦ない。愛があるゆえに容赦ない。見つめる目はあたたかい。だからこそどんな部分をも語る。語り尽くすべく語る。どんなに哀れであろうと、滑稽であろうと、われらがプニンはプニンであるがゆえに愛おしい。そうしてはたと気づく。プニンの物語に寄り添う、人を見つめてゆく行為の先にある愛情を。人を見つめること。そうして知ってゆくこと。そこにあるべき愛のこと。人は人であるがゆえに愛おしいということを。

 ウラジーミル・ナボコフ著、大橋吉之輔訳『プニン』(文遊社)。プニンという人物を語る視線は、どこか優位に立ちながらも、そこに親しみが満ちている。“われらがプニン”、“わが哀れなプニン”、“わが友プニン”“われらが友”という言葉は、だからこそ時に容赦ない。けれど漂ってくるのは、人間愛を思わせる愛があるゆえの容赦のなさのように思えてくる。見つめる目はあたたかい。だからこそどんな部分をも語る。語り尽くすべく語る。どんなに哀れな姿であろうとも、どんなに滑稽な姿であろうとも、われらがプニンはプニンであるがゆえに愛おしい。そんなふうに感じるのは、プニンに対するナボコフ自身の思いと、そこに人生を重ねる姿を見るからかもしれない。亡命のこと。時代のこと。文学に対する思いのこと。心を添わせたくなる人生のこと。物語の端々で、ナボコフを思わずにはいられなくなる。

 そうしてはたと気づくのは、プニンの物語に寄り添っている読み手のこと、自分自身のことへと向かう思いだ。プニンに限らず、人を見つめてゆくその行為の先にある愛情について。人を見つめること。そうして知ってゆくこと。そこにあるべき友愛のこと。人は人であるがゆえに愛おしいという人間愛のこと。物語のひとつひとつのエピソードやそれを語る人物の存在をまるごと全部信じられなくとも、信じられるのはそういうことだ。プニンの物語を、ナボコフのひそやかなる企みを含めて愛おしく思う、それが素直な私の感想だ。

 細かな部分では、“プニン的な”とか“プニン化”という表現も物語の中で目を引いた。プニン、という名前自体も、ぱぴぷぺぽの語感が好きな私にとっては特別な愛おしさを覚えるが、何度も登場するプニンという響きと、人物への愛着を呼ぶ描かれ方がとても魅力的に感じた。それからプニンが静かにさめざめと泣く場面。不必要なほどがっしりした両肩を震わせる場面。大きく鼻をすすりあげながら泣き叫ぶ場面。何か言おうとして結局口に出さずサラダを食べ続ける場面。少年時代を涙ながらに思い出す場面。プニンへの愛おしさが増すのは、こういう場面でプニンの心を知ってゆくからかもしれない。

 物語の中ではっと目を引く、銀器が布巾からすべり抜けて、屋根から人間が落ちるように落下した部分。ハーゲンに宛てた手紙の続きに押し込めた気持ち。人生の中の哀しみが、プニンをさらに愛おしい存在にさせるようで、その二重の哀しさが、余計に物語を愛おしくする。そうして、ジャック・コッカレルのプニンの真似。それも少なくとも二時間もの完璧な。結局皆、プニンのことが愛おしかったのではないか。そう感じられて、いっそう愛すべき物語に思えてくるのだった。

 “われらがプニン”という言い回しがすごく好きだ。”わが哀れなプニン”と書かれていても、わたしの中では脳内でいつのまにやら「わたしの愛しのプニン」にまで変換されてしまっている。考えてみれば、その時点でもう、ナボコフの企みにはまってしまっている気もする。油断ならない『プニン』。

4892570745プニン
ウラジーミル・ナボコフ 大橋 吉之輔
文遊社 2012-09-26

by G-Tools


|

« 冬の物語 | トップページ | 失われた時を求めて »

64 海外作家の本(その他&分類不可)」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の物語 | トップページ | 失われた時を求めて »