« 千年の恋人たち | トップページ | 水銀灯が消えるまで »

2010.03.20

風変りな魚たちへの挽歌

20100320_4007 生まれ育った土地、ふるさと。故郷という名のそこに根ざす思いは、複雑に絡まり合う。失望と諦めと。その先にある愛着と愛おしさ。歳を重ねて、何かを失って。そうして気づく、新たなる思い。ふとした瞬間に蘇るあの日の光景は、憎しみも悲しみもまるごとすべてを包み込むようにして、わたしたちに寄り添っている。稲葉真弓著『風変りな魚たちへの挽歌』(河出書房新社)。運河の流れる小さな街を舞台に、その街に根を下ろして暮らす人や街を出てゆこうとする人、街へ舞い戻ってくる人の人間模様を描いている。表題作のほか、「水の祭り」「青に佇つ」「帰郷」の3篇を収録。著者の故郷と思われる街は、読んでいるうちに読み手であるわたしたちの故郷と重なって、懐かしい気持ちにさせてくれる。

 表題作である「風変りな魚たちへの挽歌」は、22年間を過ごした故郷での日々を回想する女性の物語だ。友人からの手紙にふっと蘇る過去の記憶の数々。当時の彼女たちは失望と愛着のまじり合った故郷で、抑えきれない思いを抱えて、うんざりするほどの若さを持て余していた。明日のことなどわからない。一年後のことなどわかるはずもない。何も起こらない故郷での日々に物足りなさを感じながらも、自分がどうしたらよいのかわからずにいた。ただ悶々と過ごす日々が続くだけ。誰しも一度は陥る若き日の思いに、いつかの自分をついついそっと重ねてしまう。あの頃のわたしはああだった。あの頃のわたしはこうだった…そんなふうに、今となっては愛おしい過去が自然と蘇ってくるのだった。

 歳を重ねるほどに思うことは、故郷からは逃れられないということ。故郷を好きになれなくとも、故郷を捨てようとも、もはや自分自身のルーツなのだ。故郷とどんなに離れていようとも、この身から完全に切り離すことはできない。どんなに田舎特有の閉塞感や排他的な部分に嫌気がさそうとも、わたしが“いた”という証のようなものは残ってしまう。わたしたちがそれと意識しないところで。知らず知らずのうちに。心も身体もどこかで覚えている気がしてならない。たとえば見知らぬ街で懐かしい感情を覚えたとき、そこにはわたしたちの故郷が影を潜めている。無意識のうちにわたしたちの中にある故郷の記憶が、やわらかに包み込む。そうしてわたしたちの過去と今とを結びつけ、郷愁を呼ぶのだ。

 故郷に対する失望と諦めと。その先にある愛着と愛おしさ。それは、歳を重ねて、何かを失って。そうしてはじめて気づく、新たなる思いのようにも感じられる。ふとした瞬間に蘇るあの日の懐かしい光景は、憎しみも悲しみもまるごとすべてを包み込むようにして、わたしたちに寄り添っている。いつだって思い返せるところに、本当はあるのだ。手を伸ばせばその先に、目を閉じればその奥に、いつだって故郷は思い返せるところにある。ただ、わたしたちがそれと意識しないだけで。ただ、わたしたちがそれと気づかないだけで。歳を重ねて。何かを失って。ひとつ、またひとつと成長するたびに、“わたし”という存在を形作るそのルーツを色濃く染めてゆく。ひとつ、またひとつと、“わたし”を彩る。

4309015417風変りな魚たちへの挽歌
河出書房新社 2003-04

by G-Tools

 ≪稲葉真弓の本に関する過去記事≫
 ・『さよならのポスト』(2005-10-12)
 ・『砂の肖像』(2007-09-15)
 ・『藍の満干 色のあるファンタジー』(2009-04-02)
 ・『海松(みる)』(2009-05-27)
 ・『私がそこに還るまで』(2009-09-20)
 ・『千年の恋人たち』(2010-03-12)


人気ブログランキングへ
本ブログ 書評・レビュー←宜しければクリックお願い致します。

|

« 千年の恋人たち | トップページ | 水銀灯が消えるまで »

04 稲葉真弓の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/47860425

この記事へのトラックバック一覧です: 風変りな魚たちへの挽歌:

« 千年の恋人たち | トップページ | 水銀灯が消えるまで »