« お菓子と麦酒 | トップページ | クク氏の結婚、キキ夫人の幸福 »

2010.02.01

悲歌 エレジー

20100131_4004 愛すればこそ、その愛をひた隠しにして。愛すればこそ、その愛に痛いほどの切なさを込めて。ただただひたむきにその愛を貫く。叶わぬ想いだから。それでも尽きぬ想いだから。狂おしくともまっすぐに想い続ける。求めることなく、ただただひたむきにその愛をそそぐ。気高いほどの想いに圧倒されながら、その孤独に、その悲しみに、わたしたちは胸打たれる。行き場のない溢れんばかりの想いは、あまりにも純粋に煌いて見える。中山可穂著『悲歌 エレジー』(角川書店)は、「隅田川」「定家」「蝉丸」という3篇からなる作品集。それぞれの題名を見てわかるように、“能”をモチーフにしている。抑制の効いた、けれど情熱的な筆致は、“愛すること”の根本にある想いを問いかけている気がする。

 1篇目の「隅田川」。隅田川に身を投げ、心中をはかった女子高生2人。残酷にも1人が生き残り、1人が死んだ。それをきっかけに、かつて写真家を目指していた<わたし>は写真の道へ戻り、川の写真を撮るようになる。そしてある日、死んだ娘への想いを引きずり、ホームレスになった男と出会う。2篇目の「定家」では、変死した作家の評伝を書くために、彼が好んで使っていた辺鄙な海辺にあるリゾートマンションにやってきた<わたし>が、その謎の死の真相や秘めていた恋の顛末を知ることになる。どちらの物語も、狂おしいまでの想いを抱えているのは主人公である語り手の第三者。そのせいか抑制された佇まいで、物語が展開してゆく。静かな余韻は、味わい深くひたひたと染み入ってゆくよう。

 3篇目の「蝉丸」。アンコールワットを旅していた博雅は、物乞いの子供たちが落し物のiPodを熱心に聴いているのを目にする。子供たちが聴いていたのは、かつて自らの手でデビューを手がけ、全曲アレンジを行ってきた、行方不明になっているバンドのヴォーカリスト・蝉丸の声だった。忘れることのないその声に導かれるように、師と仰いできた音楽家の忘れ形見である、逆髪と蝉丸という異母姉弟の2人を支えてきた日々のことを回想し始める。幼くして運命に翻弄されるように生きることを強いられてきた姉弟は、それぞれに博雅を特別な想いで慕ってきた。そして博雅もまた、彼らを何よりも優先して想い続けてきたはずだった。だが、トリオの歯車は不意に狂い始めてしまうのだった……。

 博雅、蝉丸、逆髪。3人の織りなす関係は、読み進めるほどに痛々しく映る。とりわけ、蝉丸の100か0の想いには胸が締めつけられる。わずかでも欠けたなら欲しくないという、愛情への潔癖さ。それは、彼の強いられた運命を象徴するようでもある。愛すればこそ、その愛をひた隠しにして生きる。愛すればこそ、その愛に痛いほどの切なさを込めて生きる。そうして、ただただひたむきにその愛を貫く。叶わぬ想いだから。それでも尽きぬ想いだから。狂おしくともまっすぐに想い続ける。求めることなく、ただただひたむきにその愛をそそぐ。気高いほどの想いに圧倒されながら、その孤独に、その悲しみに、わたしたちは胸打たれる。行き場のない溢れんばかりの想いは、あまりにも純粋に煌いて見える。

4048739913悲歌 エレジー
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-09-18

by G-Tools

人気ブログランキングへ
本ブログ 書評・レビュー←宜しければクリックお願い致します。

|

« お菓子と麦酒 | トップページ | クク氏の結婚、キキ夫人の幸福 »

41 中山可穂の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/47450939

この記事へのトラックバック一覧です: 悲歌 エレジー:

« お菓子と麦酒 | トップページ | クク氏の結婚、キキ夫人の幸福 »