« 霊降ろし | トップページ | 津軽 »

2009.06.02

水族

20090529_041 哀しみが横たわる。やわらかな雰囲気の中にも、哀しみは横たわる。横たわった哀しみに寄り添いながら、わたしにはなすすべもなく、ただただ立ち尽くすように読み耽る。彼の哀しみを人類の哀しみを、そしてわたしの哀しみを含んだ物語には、僅かながら希望が見える。けれど、果たしてそれを希望と呼んでいいものか迷ってしまう。あまりにも哀しみや憂いを含んだそれを、希望と言っていいものか、と。星野智幸著、小野田維画『水族』(岩波書店)。“文学とビジュアルが切り結ぶ、おとなたちへの贈り物”と題されたCoffee Booksのうちの一冊である。幻想的でほんのりグロテスクな画と文学との見事なコラボレーション作品である。このシリーズを読むのは3冊目。そのどれもが何とも美しい。

 主人公の雨利(あまり)は、動物園の一角にある湖底に設置された六方ガラス張りの部屋に住むことになる。表向きは監視員という名目で。人よりも劣っていると自分でも認識している彼。そんな彼が休日のたびに出かける地上は、植物が雨林のように繁り、建物がある地上は半地下のようなありさ様。地上は水浸しという様相である。物語が進むにつれて、彼がなぜそのような生活を強いられるようになったのか、地上がどうなろうとしているのかがわかってくる。そして、読み手は彼の哀しい運命や人類の進化の過程を思って、ほろほろとなる。わたしたちはいつからどうしてこんなにも傲慢にも狡猾にもなってしまったのか…と。ほろほろとなりながら、わたしは何かを堪えねばいられなくなる。

 抽象的ながら近未来を描いたSF風のこの物語は、さまざまな問いかけをしているように思う。環境問題、人間の残忍さ、そして現実を痛烈に批判し風刺したかのような設定。主人公の哀しさは、わたしたちの罪でもあると言わんばかりに。彼がなぜそうした生活を送らねばならなかったのか、地上で起こっていることとは一体何なのか、今後の地上はどうなってゆくのかはさておき、人間がもしも水の中に生活するようになったのならば果たしてどんなふうだろう…というイメージがさまざまに広がってゆく物語でもある。わたしたちが今見ている景色、そして今ある水中…それらが一緒くたになって生きるこの世界が何だかとても不思議に思えてくる。そして、今の生活をとてつもなく愛おしいと思う。

 物語の終盤には、主人公を脅かす影がちらちらとかすめるのに、描かれる時間ははじめと変わらずゆったりとした佇まいをしている。けれど哀しみが横たわることに変わりはない。やわらかな雰囲気の中にも、哀しみは横たわるのである。横たわった哀しみに寄り添いながら、わたしにはなすすべもなく、ただただ立ち尽くすように読み耽ることしかできない。彼の哀しみを人類の哀しみを、そしてわたしの哀しみを含んだ物語には、僅かながら希望が見える。けれど、果たしてそれを希望と呼んでいいものか迷ってしまう。あまりにも哀しみや憂いを含んだそれを、希望と言っていいものか。悲しみの中にも希望を見せるラストの場面では、思わずぐっと堪えてきた何かがわたしの中から飛び出した。

4000281747水族 (Coffee Books)
星野 智幸
岩波書店 2009-01

by G-Tools

 ≪星野智幸の本に関する過去記事≫
  ・『われら猫の子』(2006-12-03)
  ・『在日ヲロシヤ人の悲劇』(2006-10-30)
  ・『アルカロイド・ラヴァーズ』(2006-03-06)
  ・『目覚めよと人魚は歌う』(2006-02-28)
  ・『虹とクロエの物語』(2006-02-17)


人気ブログランキングへ
本ブログ 書評・レビュー←宜しければクリックお願い致します。

|

« 霊降ろし | トップページ | 津軽 »

46 星野智幸の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「水族」は、今までの星野作品とは違った印象を受けました。
でも、ラストが形容しがたいけど好きな作品。
このシリーズは2冊読んでいて大人のための絵本で素敵ですね。
感想をTBしますね。

投稿: 美結 | 2009.06.02 17:58

美結さん、コメント&TBありがとうございます!
ラストがいろいろにも解釈できますが、
ほのかないい余韻を残してくれますよね。
わたしも好きです。
このシリーズ、読破したいものです。

投稿: ましろ(美結さんへ) | 2009.06.03 03:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/45209693

この記事へのトラックバック一覧です: 水族:

» 水の中の幻想世界 水族 [GREENFIELDS]
水族 (Coffee Books)星野 智幸岩波書店 2009-01売り上げランキング : 101850Amazonで詳しく見る by gt;G-Tools 星野智幸/小野田維・画『水族』 雨利(あまり)は水族館のガラスケースで暮らすことになった。 両親は早くに他界、施設で育った。 彼の任務は人間が水中で..... [続きを読む]

受信: 2009.06.02 18:00

« 霊降ろし | トップページ | 津軽 »