« おろち olochi, super remix ver. | トップページ | あなたの獣 »

2008.12.19

どこから行っても遠い町

20081203_030jpg_effected 記憶が淡くはらはらとこぼれ落ちる。そのあやういほどの輪郭をたよりに、どこまでも近くどこまでも遠い場所を探しあぐねる。いくら追いかけてもたどり着けないもどかしさと、知れば知るほどにどこかぼやけてゆく情景がここにはある。そのぼやけた情景に身を委ねて浸る心地よさったらないのだ。東京の東にある小さな商店街と、その町に暮らす人々を描いた十一の連作短篇集である、川上弘美著『どこから行っても遠い町』(新潮社)。わたしたちが生きる日々の儚さ、懸命に生きることの愛おしさ、そういったものを感じさせるひとつの町をめぐる物語である。それぞれの物語では、人と人とが濃く結びつき、それでいて侵しがたい領域もちゃんとあって、昔ながらの人情が溢れている。

 十一もの物語が展開されるので、ひとつひとつの物語の印象は読み進めるほどに薄れてゆく。けれど、その薄れ方がなんとも心地よくて、つい最後まで読み終えたときにはじめのページに戻って、繰り返し何度も読んでしまった。ある物語では主人公だった登場人物が、他の物語では重要な脇役として登場したり、点と点が結びついたかと思えば唐突に淡くぼやけてみたり。つかみ所のないふわんとした空気感が、たまらなくいいのだ。語り手は女、男、女、男…と交互に変わり、魚屋「魚春」、小料理屋「ぶどう屋」、八百屋「八百吉」、鶏肉屋「鳥勝」、喫茶店「ロマン」という商店街のお店が物語の端々に登場する。登場人物たちは出会ったり、すれ違ったりしながら、この町のどこかで繋がっている。

 中でも印象深かったのは、雨の写真ばかり撮っている女性を主人公にした物語「貝殻のある飾り窓」での、年齢をこえたところにある友情のような思い。絵にならないおばさんである“あけみ”と主人公とのつかず離れずの関係に憧れてしまう。このあけみさんがある人にとっては色っぽいような、ある人にとってはただのおばさんであるから、人の視点というものの違いをまざまざと感じさせるのだった。また、既に三度も別れている男女が一緒に店を営んでいる物語「四度目の浪花節」の央子(なかこ)さんも魅力的な登場人物の一人だ。言葉の端々から感じられる艶。そして、“好き”という一言に含まれるいろんな意味合いを大人の女性ならではの魅力で伝えてくれる。脇役ながら存在感がある。

 そして、なんと言っても締めくくりである物語「ゆるく巻くかたつむりの殻」が泣かせてくれる。既に二十年以上前に亡くなった春田真紀という女性の視点で語られる、回想と今を生きている人たちの物語である。この物語によって、一番はじめの物語「小屋のある屋上」に描かれる魚春に纏わる話や、「どこから行っても遠い町」で回想される主人公の幼き日の記憶が、やわらかに繋がる。死んだ人間は生きている人間に思い出されることによって、生きていられる。時が流れて思い出してくれる人もいずれはこの世界からいなくなるとしても、誰かの記憶の奥底に淡くも生きた証が残ってゆく。“捨てたものではなかったです、あたしの人生。”そんなふうにおしまいを締めくくれるように生きたいものだ。

4104412058どこから行っても遠い町
川上 弘美
新潮社 2008-11

by G-Tools

人気ブログランキングへ
本ブログ 書評・レビュー←宜しければクリックお願い致します。

|

« おろち olochi, super remix ver. | トップページ | あなたの獣 »

15 川上弘美の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ましろさん☆こんばんは
誰かに思い出してもらうことによって生き続けられる自分って、今まで考えたことがありませんでした。
生きている今も、そんな誰かの力によってわたしは生かされているのかなぁと思えてきました。

投稿: Roko | 2009.01.30 23:55

Rokoさん、コメント&TBありがとうございます!
わたしも普段はあまり意識したことがなかったです。
物語によってこうして考えさせられることがあるって、
なんだかとっても素敵なことですね。
誰かの力によって生かされている…そう思うと、
心強いような不思議な気持ちになります。

投稿: ましろ(Rokoさんへ) | 2009.01.31 15:20

ましろさん、こんばんは♪
TBいつもどおりでしたがコメントさせていただきます。
川上さんのこの作品、正直最終編まではまあまあかなと思いましたが、最後にやられました。

ちょっと最初のあたりを読み返したのですが(笑)、気持よく(心地よくですか)本を閉じることができましたよ。
本当に巧みですよね。
ましろさんの感想もお好きな作家の時は特に冴えわたってますよね、さすがです。
少し余談ですが、実は川上さん、普段本を読まなかった人に『センセイの鞄』を紹介してそして今は嵌ってます。
“川上先生、川上先生!”って言ってますよ。
私も嬉しい気分に陥りますね(笑)

それではまた。

投稿: トラキチ | 2009.04.14 22:59

トラキチさん、コメントありがとうございます!
川上さんの作品は、ゆうるりのんびり楽しむことができるから、
わたしはとても好きなのです(稀にそうでない作品もあるけれど)。
特別な何かが起こらなくても読んでいる時間は至福のときです。

この作品に関しては、十一もの物語からなるから、
そのひとつひとつの存在感は淡いのですが、
それでも何度も読み返してみたくなる一冊となりました。
最後の締めくくりがよいですよね。

わたしもすっかり川上ファンです!
好きな作家が一人増えるたびに嬉しくなるこの頃です。

投稿: ましろ(トラキチさんへ) | 2009.04.15 05:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/43464849

この記事へのトラックバック一覧です: どこから行っても遠い町:

» 川上弘美著「どこから行っても遠い町」(感想) [夕螺の読書ブログ]
2008年11月20日新潮社より初版発行小説新潮とyom yomに連載された短編集です。2005年から2008年にかけて連載されたものです。yom yomの連載は読んだのですが、小説新潮のはじめの作品である「小屋のある屋上」から「蛇は穴に入る」までを今回読んでみてこ...... [続きを読む]

受信: 2009.01.12 11:10

» 『どこから行っても遠い町』 川上弘美 [Roko's Favorite Things]
どこから行っても遠い町posted with amazlet at 09.01. [続きを読む]

受信: 2009.01.30 23:48

« おろち olochi, super remix ver. | トップページ | あなたの獣 »