« 切羽へ | トップページ | くまとやまねこ »

2008.07.11

グーグーだって猫である

20070421_038 猫好きは猫と名の付くものには過剰反応してしまうもので、本屋や図書館をぶらついていても、自然と吸い寄せられるようにあちらこちらで“猫”を見つけてしまう。道をぶらついてもしかり。ペットショップなんぞ行こうものなら、じーっとケースの中に見入ってしまうことばかり。大島弓子著『グーグーだって猫である』(角川文庫、角川書店)は、長年の著者の愛猫サバを看取った後の、二代目の猫“グーグー”と、その後飼うことになった“ビー”との日々を描いた作品である。猫を飼っている人なら、うんうんと頷くことしきり。うちもそうそう。うちなんか、こうなんだから…などと言いたくなるくらいに、猫といえども、それぞれの個性や特徴まで、細やかに描かれている。

 中でも、猫の飼い主として心に痛いなあと思ったのは、“二度目の猫は得である”ということ。一言で猫を飼うと言っても、それなりの知識や経験がなければ、どのように接してゆけばいいのかわからないことだらけなのである。いくら愛猫が悲痛に啼こうとも、何かを要求しようとも、ただわたしたちはおろおろするばかり。医者に行った方がよいのか。それとも、食事の問題なのか。安い缶詰やドライフードをあげたのがまずかったのか…等々。その点、二度目の猫というのは、一度目の猫よりも気を遣われる。長生きしますように。どうか健康でありますように、と。そうして、都合のいい人間のわたしは、一度目の猫が二度目の猫を見守ってくれていることを願ってみたりもする。

 また、とりわけ面白かったのは「言葉遣い」の章。いくら猫相手だからと言って、ぞんざいな言葉は、少々いただけない。そんなふうに友人の言葉から学ぶ著者。著者は、知らず知らずのうちに猫に対して発していた言葉を見直すことになるのである。例えば嬉しい、例えば悲しい、例えば不安、例えば気持ちいいなどなど、猫にある感情はすべてわたしたちと同じもの。だから、猫のエサではなくて、猫のごはん。そんなふうに意識せずに呼ぶことができたら、愛猫との絆はもっともっと深まるかもしれない。猫に対する思いは人それぞれだが、わたしは猫と上手な距離を保ちながら、これからも接してゆきたいと思っている。グーグーもビーも可愛いが、うちの愛猫も負けませんぞ。

4044348022グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)
大島 弓子
角川グループパブリッシング 2008-06-25

by G-Tools

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ←宜しければクリックお願い致します。

|

« 切羽へ | トップページ | くまとやまねこ »

70 漫画本」カテゴリの記事

71 猫の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

かつて立ち読みした猫ストーカーのための本にも
言葉遣いに気をつけなさい。
と書いてありました。
毛並みがいいね、とか可愛い瞳だねとか褒め言葉を言ってあげると応えてくれるそう。
僕は責任を持つ自信がないので、近所の飼い猫や
ノラ達と遊んでいます。僕自身「猫」なので
性にあってるのかもしれません。

・・でも飼い猫持ってるなんてうらやましい。
とか思ったりもします。

投稿: Pepe | 2008.07.11 18:09

Pepeさん、コメントありがとうございます。
もしや、浅生ハルミンさんの『私は猫ストーカー』かな?
猫に関する本は、結構このブログでも取り上げているのですが、
まだまだわたしは修行が足りませぬ。
でも、半分くらいは猫的要素でできていると自負しているので、
愛猫とこれからも仲良くやってゆこうと思っております。
Pepeさんも、いつか猫が飼える日が来るとよいですね。

投稿: ましろ(Pepeさんへ) | 2008.07.11 20:59

そうです!とても可愛い本だったことを
覚えています。
他にもデスノバというクリエイター集団の
「ネコマンガ」というのを古本市にて
getしました!
めちゃんこ可愛いです・・・。
あとネコ語が分る本とかもあったな~・・。
僕には読んでも分りませんでしたが・・・。

投稿: Pepe | 2008.07.12 00:04

Pepeさん、再びコメントありがとうございます。
猫語がわかる本なんて、いいですね~。
我が家の愛猫たちは、たいてい「かつおぶしくれ」とか、
「ごはんをくれ」とか、「トイレきれいに掃除しろ」とかばかりですが。
他に何をしゃべっているのかぜひ知りたいものです。
でも、わからないからこそ、愛おしいのかもしれませんね。

投稿: ましろ(Pepeさんへ) | 2008.07.12 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/41801874

この記事へのトラックバック一覧です: グーグーだって猫である:

« 切羽へ | トップページ | くまとやまねこ »