« 夕闇の川のざくろ | トップページ | 言葉のミルフィーユ »

2008.05.14

宇宙の片隅で―石垣りん詩集

20070421_031 心を射るような、つんざく言葉がある。生々しい現実を包み隠さない、潔い言葉がある。生きるということに寄り添う、やわらかなまなざしの言葉がある。そうして、そんな言葉たちに寄り添うようにして生きたのが、石垣りんという一人の女性なのかも知れない。だからこそ、読み手の心にすとんと届く。読み継がれてゆく。石垣りん著、伊藤香澄絵、水内喜久雄選・著『宇宙の片隅で―石垣りん詩集』(理論社)。太陽のほとり、挨拶、表札という三部構成からなるこの詩集は、一人の女性として思うところを紡いだ詩、原爆写真に寄せて紡がれた詩、日々の暮らしに密接に関わる詩…と、さまざまな石垣りんを垣間見られる、彼女の入門書として最適な一冊になっている。理論社の「詩と歩こう」シリーズ。

 「くらし」という一編では、喰わずには生きられないわたしたちの宿命を紡いでいる。食べ物だけじゃない。親やきょうだいや、師、金、こころまでも喰わずには生きてこられなかったという切迫した思いは、石垣りんという人の人生の厚みや重みと一緒にずしんと響いてくる。この人は本当の悲しみを、孤独を、生きるという意味を、よく知っているに違いない。だからこそ、こんなにもさらりと重みを紡いでみせるのだろうと。実際「石垣りんさんをたずねて」によれば、五歳で母親を亡くし、その後三人の母親を持った過去があることがわかる。また、空襲を経験していること、一家を支えるために働かねばならなかったことなど、その人生は波瀾に満ちていた。

 「今日もひとりの」では、1つのビルが建つために起こる非情を描く。世の中にまかり通ってしまう“やむを得ない”に異を唱える詩だ。いつしか、“やむを得ない死”がなくなり、命もこころも生かされる日を切実に願う思いが伝わってくる。しかしながら、毎日どこかで誰かが亡くなるというその現実から、わたしたちは逃れられない。それは限りのある命の為せるワザとも言える。日常茶飯事の出来事でもある。だが、日常茶飯事ということの恐ろしさを、わたしたちは忘れてはいけないのだと思う。そして、決して慣れてはいけないものが、この世の中にはあるのだと。正しいものを確かに見極められる目が必要なのだと。そう訴えかけている一編だと思うのである。

4652038461宇宙の片隅で―石垣りん詩集 (詩と歩こう)
石垣 りん 水内 喜久雄
理論社 2004-12

by G-Tools

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ←宜しければクリックお願い致します。

|

« 夕闇の川のざくろ | トップページ | 言葉のミルフィーユ »

68 エッセイ・詩・ノンフィクション本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/41208040

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の片隅で―石垣りん詩集:

« 夕闇の川のざくろ | トップページ | 言葉のミルフィーユ »