« ヨハネスブルクへの旅 | トップページ | 夕闇の川のざくろ »

2008.05.11

レモン・ドロップス

20070324_003 ゆらぎ出す日常。変わり始めるわたし。淡々と繰り返しているように思える日々だって、少しずつ変化している。いつだって同じわたしはいない。いつだって同じ誰かもいない。いつだって同じ景色もない。だからこそ、毎日は新鮮な驚きや喜びが潜んでいて、ときどきわたしたちをはらはらさせる。石井睦美著『レモン・ドロップス』(講談社)は、思春期の少女の繊細な心模様を描いている。周囲より一歩引いた視点で物事を考える少女は、変わらない日々を、いつまでもいつまでも過ごすだろうと思っていた。だが、友だちの恋や姉の恋、おじいちゃんとおばあちゃんの深い絆などを目の当たりにして、さまざまな恋のかたちや相手を大切に思う気持ちを知ってゆく。

 “結局、思春期ってのがいけないんだと思う”そんなふうに言い合う美希と友だちの綾音。どうかすると爆発してしまいそうな心を抱えて、美希は三日月形のレモン・ドロップを安定剤にしている。べたべたしたやさしさが苦手な美希は綾音に“冷たい”と言われることしばしば。だが、彼女のクールだけれど上っ面のことを言わないところは、何だかとても凛々しくあたたかく思える。物語の中では、そんな美希とは対照的な存在として姉が登場する。この姉の恋や友人の綾音の恋に振り回されながら、同時に人を好きになることに対する思いを高めてゆくのだ。嗚呼、恋って、人を好きになるって、とても素敵なことなのだなぁ…と深く深く思わせる展開だ。

 美希のおじいちゃんとおばあちゃんの関係も、この物語の魅力を語る上でははずせない。古い蓄音機から流れる音楽に合わせて、美希のおじいちゃんとおばあちゃんは踊るのだ。古いレコードを聴くときは、心をすませて一心に聴く。聞こえないもの音まで聴き、見えない人たちが踊るのまで見るようにして。二人は寄り添うように、まるで二人で一人みたいに、深い絆で結ばれている。死ぬまで好きでいられる人。死ぬまで好きでいてくれる人。美希がそういう言葉で真っ先に二人のことを連想したのは、言うまでもない。誰かが誰かを強く思うこと。それは簡単なようでとても難しい。でも、感傷的になったってしかたがないのさ。美希のようにそうつぶやいてみる。

4062123371レモン・ドロップス
石井 睦美
講談社 2004-05

by G-Tools

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ←宜しければクリックお願い致します。

|

« ヨハネスブルクへの旅 | トップページ | 夕闇の川のざくろ »

03 石井睦美の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/41169210

この記事へのトラックバック一覧です: レモン・ドロップス:

« ヨハネスブルクへの旅 | トップページ | 夕闇の川のざくろ »