« 風花 | トップページ | ヨハネスブルクへの旅 »

2008.05.08

天の鹿

20070409_010 気がつけば、あちら側へ足をとられている。淡くも儚いその魅惑的な世界は、おいでおいでと手招きするのだ。あちらとこちら。その境界に立つことは、危険ながらやみつきになる。どうかすると、もう戻れなくなるかも知れない。そんな思いを抱きつつも、許される限りに浸りきりたいわたしがいる。安房直子の描く独特のそんな世界は、安房直子作、スズキコージ絵『天の鹿』(ブッキング)でも耽読できる。危うい幻想的な世界に浸らせながらも、人間の持つ愚かしさと本当の心の優しさとは何であるか、いかにして魂は救済されるかを教えてくれる、寓話的な要素も兼ね備えたこの作品は、彼岸と此岸、地と天、闇と光の世界といった対照的なあちらとこちらを描いている。

 物語は、鹿狩りの猟師である清十さんが、ある一匹の牡鹿に遭遇するところから始まる。“通してくれ。かわりに、たくさんのお礼をしよう”声に従うままに、鹿の背に乗って険しい山々を越えてたどり着いた鹿の市で、清十さんは見たこともないような煌びやかな品々を目にする。けれど、鹿のくれた金貨一枚で買えるのは、たった一品だった。その後、話を聞かされていた清十さんの三人の娘たちは一人ずつ、不思議な牡鹿に連れられて鹿の市で買い物をすることになる。実はこの牡鹿、かつて清十さんに仕留められた鹿であり、天に昇ることができずに闇夜をさまよい続けており、その肝を食べて命を救われた清十さんの娘のことをずっと探していたのだった。

 牡鹿は人間たちの業や欲深さに対して憎しみを抱くわけでもなく、天にも地にもどちらにも行けない自分の道を、懸命に探す。そうして、ただただ末娘の優しさに心を打たれる。目の前の自分の欲望にかまけるのではなく、誰かのことを思いやる。あたりまえのことながらなかなかできないそれを、さらっとやってのけた末娘は、あちら側へと足を踏み入れた途端に、すべてを悟ったのかも知れない。これから先の自分の運命。牡鹿の苦しみ、悲しみ。そういったものをすべてまるごと受け入れて、やわらかに牡鹿を思ったのだろう。この物語に満ちる悲しみは、やがて昇華するように優しさへと変化する。それは、同時に物語に触れたわたしたちの変化なのかも知れない。

4835442334天の鹿―童話
安房 直子 スズキ コージ
ブッキング 2006-04

by G-Tools

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ←宜しければクリックお願い致します。

|

« 風花 | トップページ | ヨハネスブルクへの旅 »

01 安房直子の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/41132135

この記事へのトラックバック一覧です: 天の鹿:

« 風花 | トップページ | ヨハネスブルクへの旅 »