« 夢の果て―安房直子十七の物語 | トップページ | 燃えるスカートの少女 »

2008.01.02

倒立する塔の殺人

20061124_4030 甘美なる謎めきに、ただもうくらくらと酔いしれる。物語に含まれる毒に自ら進んで冒されて、その身を委ねるほかないとすら思うほどに。そうして、ばらばらに散りばめられたいくつもの物語がひとつに終結するとき、その複雑に絡まり合う思惑はさらなる美しさを見せてくれるのだ。皆川博子著『倒立する塔の殺人』(理論社)は、戦時中の女子校を舞台に、図書館の本にまぎれていた一冊のノートをめぐる少女たちのひそやかな企みと、作中作とが絶妙に交わりながら展開してゆく物語だ。小説の書き回しをする少女たちによって、物語は次々とめぐってゆき、ある少女の奇妙な死をきっかけにして、その謎めきはさらなる甘美さを読み手に与えてくれる。

 物語の舞台が戦時中ということもあって、始終死の影がつきまとう。あまりにも死が身近にあるせいもあって、どこか感覚が麻痺したようにも思えるくらいに色濃く。だが、そんな中でも、少女たちの心の中にはある種の空想がひしめいている。少女たちの語る、文学や絵画に纏わる話には、感心することしきりである。とりわけ、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」や「白痴」、アンリ・バルビュスの「地獄」、エゴン・シーレやフランス・ハルスやレンブラントの絵画などは、とびきり魅惑的に登場するのだ。そこには、空想に浸らなければ生きてゆけない少女たちの切なる想いも綴られており、それぞれのモノローグと物語が錯綜して、読むほどに深みを増してゆく。

 また、引用されているバルビュスの「地獄」の一節“われわれのまわりには、どちらを向いても、ただ一つの言葉しかないと思う。それはわれわれの孤独をなぐさめるとともに、悦びの虚しさをあばく、あの廣大な言葉、すなわち無だ。”には、ただただ圧倒された。この物語に漂う虚無感を象徴しているようで、ふうっとため息をついてしまう。先に挙げた他にも、本好きは思わず目を奪われるタイトルがいくつも登場する。例えば、ストリンドベリ、シュニッツラー、ゾラ、ホーソン、ガストン・ルルー「黄色い部屋」、コリンズ「月長石」、江戸川乱歩、ランボーなどである。情けないかな、ほとんどが未読。これから機会を見つけて遅ればせながら、読んでゆきたいと思うわたしだ。

4652086156倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)
皆川 博子
理論社 2007-11

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ
人気ブログランキングへ

|

« 夢の果て―安房直子十七の物語 | トップページ | 燃えるスカートの少女 »

50 皆川博子の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私の方にコメントいただき、ありがとうございます。ちょっと書き足りなくて、こちらにお邪魔させてください。

自分のブログにも書いたのですが、作者はきっと今の若者に、小説や絵画のすばらしさ、そして戦争の悲惨さ、そういったものを伝えたいのだという思いが、読み終えた今、強く感じます。そしてまた「これくらいは知っておいてね」というメッセージも込められているのではと思います(やっぱり考え過ぎかな)。そう言いながら、私も登場する小説はあまり読んではいないのですが(若者でもないくせに)。
久しぶりに「読んだなぁ」と充実した小説でした。またお邪魔します。

投稿: ペンギン店長 | 2008.01.08 17:57

ペンギン店長さん、コメントありがとうございます!
そうですね。おっしゃるとおりだと思います。
「これくらいは知っておいてね」は、少々頭の痛いお話ですが…(苦笑)
ヤングアダルト世代のうちに、この物語の中の少女たちのように教養があったら、
どんな大人になるのでしょうね…想像しただけでうっとりなってしまいます。
わたしも久しぶりに、充実の読書時間を過ごせた気がしております。

投稿: ましろ(ペンギン店長さんへ) | 2008.01.09 10:11

こんにちわ。
少女たちの理知的な部分と、ある種の空想を胸のうちに内包せずにはいられない部分のバランスが絶妙で、その危うさがとても魅力的でした。
引用されている小説や絵画もとても世界観に合っていて!けど私も未読がほとんどでした;

投稿: romi | 2008.06.28 11:44

romiさん、コメントありがとうございます!
本当に魅力的な一冊でしたよね。
読み終えてから時間が経ってもなお、
そのとき味わった読後感をよく覚えています。
romiさんも未読作品多かったですかー。一緒ですね。
ちょっとほっとしてみたり(笑)
新しいモノにばかり気をとられずに、名作を読みたいと思いつつも、
なかなか実現できないでいるわたしでございます。

投稿: ましろ(romiさんへ) | 2008.06.29 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/17555866

この記事へのトラックバック一覧です: 倒立する塔の殺人:

« 夢の果て―安房直子十七の物語 | トップページ | 燃えるスカートの少女 »