« 永い夜 | トップページ | 海獣の子供 »

2007.12.29

東京奇譚集

20071205_014 不思議で怪しく、ありそうでなさそうな。そんな不確かな事実を散りばめた物語の波にぐらぐらと揺られながら、ふっと我が身を思ってみる。これまでに起こった出来事の数々。中でも喪失について。そこからの再生について。わたしはどうしてここに至るのか、なんてことを。ふいにそんなことを思わせた、村上春樹著『東京奇譚集』(新潮文庫)には5つの短編が収録されており、シンプルでわかりやすいかたちをした喪失とそこからの再生が描かれている。そこにはもちろん、確かに息づく人間のドラマがあり、さまざまな感情が揺れ動く。登場人物たちは葛藤を抱えながらも、最後には次の場所へと向かおうとしている。何とも潔く。あまりにも格好良く。

 収録されているのは5編の作品。とりわけ潔さが際立っているのは、母親が亡くした息子を悼む物語である「ハナレイ・ベイ」である。主人公の母親の生き様、複雑に絡まる思考に思わず身を委ねていた。主人公は、自分の目には見えないものの存在をも考え、すべてを受容する。その人間としての器に、じんときたわたしだ。母と子。その関係にある歪み。それに纏わる内面の吐露。穏やかな語り口で展開される心象風景は、整然とし過ぎている気もするけれど、それでも抵抗なくすっと読み手の心に入ってくる。乳房を失う「偶然の旅人」の女性にしても、「日々移動する腎臓のかたちをした石」の謎めきをみせる女性にしても、清々しいほどに潔く結末を彩る。

 他に収録されている「どこであれそれが見つかりそうな場所で」のシチュエーションや、「品川猿」の寓話っぽい雰囲気も、それぞれに味わい深い。はたしてこれが奇譚なのか…と少々疑問を抱きつつも、いいんだ、いいんだ、これが奇譚なんだとするりと思わせてしまう不思議な力を何やら感じてしまう作品たちである。そうして、不思議で怪しく、ありそうでなさそうな物語の波にぐらぐらと揺られながら、ふっと我が身を思ってみた先には、心地よい新たな波が近づいてきたような気がした。優柔不断で過去を引きずりがちな我が身も、ほんの少しは潔くなれますように。どうかどうかこの身が危うい方へと流されませんように。祈りを込めて本を閉じたのだった。

4101001561東京奇譚集 (新潮文庫 む 5-26)
村上 春樹
新潮社 2007-11

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ
人気ブログランキングへ

|

« 永い夜 | トップページ | 海獣の子供 »

51 村上春樹の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「東京奇譚集」を読んでいただきまして有難うございました。
表紙カバーの「猿の絵」も気に入ってもらえると嬉しいです。
私も猫大好き=^ェ^=これからも宜しく(´・ω・`)ノENOKI

投稿: eno | 2007.12.29 13:20

こんにちは♪

おぉ、読んだのですね?
わたしもこの本購入済みなのだけど
どうしようどうしよう、って、まだ読んでません。
でも、ましろさんのレビューを読ませてもらったら
お正月にのんびり読むのにいいかも?って気になりました。

うん、わたしは表紙のお猿さんの絵がとても気に入って
それで衝動買いしてしまったのでした(笑)

今年は、伊坂さん初読みの年。
来年は、春樹さん初読みの年になるかな?

投稿: nadja | 2007.12.29 14:09

enoさん、コメントありがとうございます。
まさか装幀の画を描かれた方からコメントがいただけるとは・・・!
とってもとっても有難いです。
表紙。実は中身よりも気に入っております。

投稿: ましろ(enoさんへ) | 2007.12.29 20:37

nadjaさん、コメントありがとうございます!
わたしは実はこの作品、一度挫折しているのです。
何度何作品トライしてみても、村上春樹氏の作品は苦手。
でも、苦手苦手…とばかりは言っていられないので、
今年のうちに少しでも克服すべく、再度手にとってみたのでした。
願わくば、「え?文章からは、苦手なのが全然感じられないよ?」
となっているといいけれど・・・(苦笑)

来年はわたしの場合は、海外作品をもっと読みたいと思ってます。
とくにnadjaさんも読んでいたカート・ヴォネガットを!
未開拓な自分をみつけられたらな、と。

投稿: ましろ(nadjaさんへ) | 2007.12.29 20:44

こーんにちは★
あたしは「日々移動する腎臓のかたちをした石」が好きでした
(* ̄∇ ̄*)
今までの自分の中では
「村上春樹の短編は、う~ん。。。」だったんだけど、
今回のコレ読んで、

短編も意外とイケるじゃない♪
ってなりました★


(追伸)
今回もトラバ失敗するかもなんで、
URLにトラバ先を記入しておきます。
(名前をクリックしたら、あたしの該当記事に行きます♪)

投稿: つたまる | 2007.12.30 07:02

つたまるさん、コメントありがとうございます。
「日々移動する腎臓のかたちをした石」もよかったですよね!
その作品に登場する女性が、私的にはかなり好きでした。
でも、上のコメントでも言っているとおり、
わたしはやはり村上春樹作品は苦手だったりします。
つたまるさんのように、意外とイケるようになりたいものです。
記事、読ませていただきますねー。
毎回ありがとうございます。

投稿: ましろ(つたまるさんへ) | 2007.12.30 17:11

こんばんは。

またまた今日も読んでみました。
ん~、とても上手な作品と思うのだけど・・・
村上春樹が本領発揮するのは、やはり長篇なのかもしれませんね。

HELP ME! ということで(苦笑)
TBさせていただきました。よろしくお願いしまーす。

投稿: nadja | 2008.01.27 22:48

nadjaさん、コメント&TBありがとうございます!
HELP ME!(笑)
そんなそんな…わたしも精一杯だったりするのですが、
少しでも力になれたら嬉しいです。
わたしも長篇に挑戦してみようかしら。
でも、しゅ、集中力が・・・
わたしもHELP ME!デスヨ。

投稿: ましろ(nadjaさんへ) | 2008.01.28 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/17511175

この記事へのトラックバック一覧です: 東京奇譚集:

» 東京奇譚集 [L'espace du livre*]
[ 東京奇譚集 村上 春樹 ] 新潮文庫 村上春樹 初読み 本にも、食わず嫌い(読まず嫌い)というのがあるならば、それなのだろう しっかり読んだら、はまるかもしれない そんな気はしていた すぐそばにある不思議な世界を丁寧に描いている作家だと聞く そういう作品が私は好きだから なのに読もうという気になれなかったのは 以前 河合隼雄さんとの対談本 を読んで この作家の作品世界は 作家の頭の中にある緻密に作られた場所で 読み手はそこへきちんと誘... [続きを読む]

受信: 2008.01.27 22:44

« 永い夜 | トップページ | 海獣の子供 »