« 砂の肖像 | トップページ | 麦ふみクーツェ »

2007.10.13

海へ向かう

20070901_031 生というものが河のようにあるならば、わたしはその流れを慈しまねばならないだろう。戻らない日を、戻らない時間を、戻らないすべてのものを愛おしく思わねばならないだろう。似たように感じられた昨日と今日。そんな繰り返しの時間など、本当は存在などしていないはずだから。ほんの少し前進して、また少し後退して。生きづらいことに変わりはなくて。それでも、二度とない時間の中で揺らめいて。煌めいて。前川麻子著『海へ向かう』(ピュアフル文庫)には、そういう時間がぎゅっと詰まっている。11歳から40歳まで。出会い、寄り添い、別れて。そして再び出会うことを夢見つつ、濃密な時間を過ごしてゆくのだ。やがて広い大海へと出る日を目指して。

 物語は、中学時代の英美を主人公にしてスタートする。親友のオッコちゃんと、ひょんなことから高知のおじのところで過ごすことになった夏の数日を描いた「川に飛び込む」である。高校生になる自覚がなく、毎日がつまらないわけじゃないけれど、面白いわけでもない…そんな宙ぶらりんな時期を感じ取ることができる。そんな英美の高校時代を描いたのが、続いての「靴を買う」。母親に突然“好きな人がいる”と伝えられる場面からはじまる話だ。真剣な恋に悩む母親や周囲を横目に見つつ、英美は誰かの恋をただ見物するのが精いっぱい。背伸びしたい年頃に、敢えてそうしない彼女に対して、好感を抱くのはきっとわたしだけではないはずだ。

 そして、さらなる好感を呼ぶ「ウクレレを弾く」では、小学生時代の英美を知ることができる。1ヵ月もしないうちに挫折してしまった母親に代わってウクレレを習い始めた英美は、先生の娘である孝枝さんと出会うのだ。小学生から見たら、高校生は大人にずっと近い存在。けれど、その中にも妙に子ども染みた部分を発見してしまう英美。自分が他人にどう思われたいのか、どうすれば嫌われずにすむのか、小学生なりに懸命に考える様子がとても可愛らしい。また、大人と一緒のレッスンでの緊張感がこちらにまで伝わってきて、読みながら英美の体温を感じるようだった。高校生と大人と。その間で苦労する、小学生の図が、何ともこそばゆい話である。

 大人になった英美が中学時代の親友に再会する、「彼女を思い出す」。ここには、すっかり大人になった英美がいる。25歳と、40歳と。様々な失敗と反省を繰り返して、いくつもの傷を抱えて。物語のはじまりからおしまいまで読んでくると、ふっと胸に込み上げる何かを感じ取ることができる。11歳から40歳という、その年月を、営みを、込み上げた深いため息に精いっぱいに込めて、思い返してみる。気がつけば、戻らない日。戻らない時間。戻らないすべてのものを、心の奥深くから愛おしく感じていた。もちろん、この世の中はとても生きづらい。とても一瞬一瞬になど生きられる質ではない。それでも、この一冊に何かを心地よく刺激された気がしたのだった。

4861764262海へ向かう (ピュアフル文庫 ま 2-1)
前川 麻子
ジャイブ 2007-09-10

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

|

« 砂の肖像 | トップページ | 麦ふみクーツェ »

48 前川麻子の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

前川麻子の「鞄屋の娘」がけっこう好きだったので、
この本にも興味をひかれつつ、どうなんだろう、と思っていて。
でも、このレビューを読んで、やっぱり読みたくなって、
さっそく欲しい本リストに入れました。
ましろさんのレビュー、やっぱりあたしには必要なのです。うふふ。
復活してくれて嬉しい。
マイペースでいいですから、また続けていってくださいね。
楽しみにしています。

投稿: ミメイ | 2007.10.13 16:06

ミメイさん、コメントありがとうございます!
前川麻子さん。まだわたしも2冊目なのですよー。
1冊読んで今後も読んでゆこうかどうしようか迷っていたら、
文庫で出ていたので飛びついてしまいました。
ブログ。まだ完全復帰とはいきませんが、
ぼちぼちマイペースにやってゆこうと思っています。
今後もよろしくお願い致します。

投稿: ましろ(ミメイさんへ) | 2007.10.13 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/16746266

この記事へのトラックバック一覧です: 海へ向かう:

« 砂の肖像 | トップページ | 麦ふみクーツェ »