« 海へ向かう | トップページ | シメール »

2007.10.14

麦ふみクーツェ

20071014_031 胸がじんと熱くなる。ささやかな、それでいて健気に生きる者たちの息づかいが、確かに聞こえてくる気がして。そして、気づく。わたしは疲れていたんだな、と。苦しかったんだな、と。或いはかつて、わたしはそうであったと。そうして、ほんの少しだけその歩みをゆるめてみるのだ。“むりにあるこうとせず、あしがすすむにまかせること”。いしいしんじ著『麦ふみクーツェ』(新潮文庫)に登場する、シンプルでやさしい言葉に、そうだ、焦ることはない。自分なりのスピードでゆこうと気持ちを新たにしたわたしだ。文庫本にして、486ページ。決して薄い本ではない。だが、いつか読む運命にあった。読まずにはいられなかったと思ったのだった。

 海辺の街。そこで少年は音楽に魅せられた祖父と、数学に魅せられた父と暮らす。とびぬけて大柄な少年は「ねこ」と呼ばれ、音楽家になるべくして育てられる。そして、本物の猫よりも猫らしく鳴くことができるのだった。少年はある日、ふと彼にしか聞こえない不思議な音を耳にする。とん、たたん、とん。それは、麦ふみをするクーツェの足音だった…。物語は、用務員のおじさん、ちょうちょのおじさん、クーツェなど、少年を支える名脇役たちのあたたかな言葉と共に、ゆるやかに展開してゆく。街をおそう災難の数々、少年に起こる様々な出来事。それらがいつしかすべて、愛おしく大切なものへと変わるまで続く。いつまでも。どこまでも。

 この作品の面白さ。愛おしさ。それは、喜びも悲しみもどこか超越したところにあるような気がする。ある程度年齢を重ねなければわからないような。何度も何度も悲しみや挫折を味わった経験がなければわからないような。そんな類の。そういう意味ではわたしなど、まだまだ経験不足に違いなく、本当の意味での面白さを感じ取ることができなかったかもしれないのだった。また、この作品を読んで強く感じるのは、シンプルな言葉ほど奥が深いということだ。平易に思えて、実は難しい。ひらがなだからと言って侮っていると、その力強さに圧倒されてしまうのだ。クーツェの麦ふみの音ひとつとっても、そのリズムや響きに何かを呼び起こされるようだった。

4101069220麦ふみクーツェ (新潮文庫)
いしい しんじ
新潮社 2005-07

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

|

« 海へ向かう | トップページ | シメール »

03 いしいしんじの本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ましろさん

結構長い間更新がお休みだったので、ちょっと心配していました。おかえりなさい。
早速アマゾンで取り寄せました。最近本が山積みなのでいつになったらたどり着くやら。。。ですが、読んだらトラバさせてもらいます。

竹蔵

投稿: 竹蔵 | 2007.10.14 19:45

竹蔵さん、コメントありがとうございます!
振り返れば、長いお休みでしたよね。
体調を崩してしまって。ご心配おかけしました。
わたしも本が山積みです。。。
読みたい欲求と読むペースがどうも噛み合わないこの頃です。
竹蔵さんのレビュー楽しみにしてますね。

投稿: ましろ(竹蔵さんへ) | 2007.10.15 05:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/16757420

この記事へのトラックバック一覧です: 麦ふみクーツェ:

« 海へ向かう | トップページ | シメール »