« ドゥードゥル | トップページ | 海へ向かう »

2007.09.15

砂の肖像

20070820_040 重ねられてゆく日々に纏わる思い出が、しっとりと、ただそこに在る。目の前に、ただ在る。封じ込めた時間の分だけ、ただ然として在る。そんな気がして、まだ見ぬ想像の石を想った。手のひらで握りしめるほどの小さな欠片に、過去のわたしを見たような心地になって…。稲葉真弓著『砂の肖像』(講談社)は、数々の石や砂などに纏わる五つの物語が収録されている一冊である。とりわけ表題作「砂の肖像」に登場する石には、ある種の執着のようなものを感じずにはいられなかった。たとえば、死への、生への執着のようなものを。そうして何かを宿した石には、特別に魅惑的な光が宿る気がするのだ。やがて光は人を呼び、その人に何かをもたらすのではないかと。

 雑誌の掲示板を通じて知り合ったM氏との、通信による交流。そこで譲り受けた砂から、石から、浮かび上がってくるM氏の姿を様々に思う主人公。やがてその想像は、現実を奇妙なかたちで侵食し始めてゆく。主人公とM氏のやりとりを通して見えてくるのは、あまりに儚い人という生き物の存在と、ある種の執念・執着だろうか。この物語の中の、石というものを人に託すという行為、いや、人に物を贈るという行為そのもの自体に、わたしはひどく困惑させられた気がする。日常何気なく繰り返し繰り返されることに戸惑うのは、きっとその贈られた石そのものへの戸惑いなのだろう。その石が、特別であること。その石が、どんな物とも異なるからなのだろう。

 人に物を贈るということ。そこにはきっと深く根ざす執着のようなものがあるに違いない。自分の存在を知らしめるための。或いは、生そのものへの。それらはよくよく考えてみたら、ぞっとするほどの感情の塊なのである。それを“託す”という行為に置き換えてみたら、自分の念や魂という類のものを受け取ってもらう、ということに結びつく。そして単純に、わたしは託す側にある意思そのものを美しいと感じた。受け取る側はどうであれ、自分の思いを託せる人がいるという奇跡に、それほどまでに深い関係を生涯で築けたという自信に対して、美しいと思えたのだ。わたしは石や砂を愛でることを知らない。知らないからこそ、愛でる人々の関係をこう想像する。

4062139375砂の肖像
稲葉 真弓
講談社 2007-04-19

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

|

« ドゥードゥル | トップページ | 海へ向かう »

04 稲葉真弓の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

読んでいると、静寂の音がよく伝わってきました。
騒音とは違う、いのちの音が深いところから届いてくる。
そんな世界を、石で繋いで見せてくれた気がします。
僕も感想記事を書いたのですが、トラバしようとして出来なかったので、
アドレスを載せておきますね!
http://blogs.yahoo.co.jp/isop18/50235638.html

投稿: イソップ | 2007.09.21 00:40

イソップさん、コメント&TBありがとうございます!
静寂の音、いのちの音。なるほどなぁと思いました。
石の世界もさまざまですが、音にもいろいろあるのですね。
イソップさんの記事、ゆっくり読ませていただきます。

投稿: ましろ(イソップさんへ) | 2007.09.22 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/16455985

この記事へのトラックバック一覧です: 砂の肖像:

» 「砂の肖像」 [イソップ通信]
久しぶりに、しっかりと味わいのある世界を読みました。 稲葉真弓さんの、石にまつわる短編5作品を集めた本でしたが、 それぞれの登場人物には、それぞれ石に対する思いがあって、 特に僕は、母の足を切断する「ジョン・シルバーの碑」と、 人気のない寂れた湾に向かう「小さな湾の青い王」が好きでした。 ジョン・シルバーは小説「宝島」に出てくる一本足の海賊船長で、 母は、病気の治療のために、足を切断する手術を受ける前日に、 冗談口調で「明日からはジョン・シルバーだ」と言ってのける。 そして私..... [続きを読む]

受信: 2007.09.21 00:35

« ドゥードゥル | トップページ | 海へ向かう »