« アッシュベイビー | トップページ | 遭難、 »

2007.05.30

マリ&フィフィの虐殺ソングブック

20070507_029 闇雲に読んだわけではないけれど、中原昌也という人の小説を言葉にするのはとても難しい。とりわけ、第一作品集である、『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』(河出文庫)に関しては。結末はあるようでないに等しく、あらすじはどこまでも広がり続け展開してゆくし、掴み所があるようでなく、読むことの意義も教訓も何も得ることができないのだから。けれど、そんな小説でも読み手を引き込む力は無限大である。引き込まれたが最後、脳内がぐるりぐるりと廻りはじめ、気づけばあらぬ方向へとかき混ぜられてしまうのである。また、物語の端々に登場する著者自身による挿絵は、この世界を皮肉るようにその目元を崩している。恐ろしい。とても。でも、クセになるのだった。

 「路傍の墓石」「血で描かれた野獣の自画像」「あのつとむが死んだ」「とびだせ、母子家庭」「つとむよ、不良大学の扉をたたけ」などなど、ほんのりと毒を潜めたタイトルの数々だけでも思わずうっとりと眺めてしまったわたしだけれど、中でも「暗い廊下に鳴り響く、寂しい足音の歌」には、ひどく混乱してしまった。型破りな小説というのは、こういうことを言うのだろうと思うほどに。物語は、小説と現実とが交錯する展開なのだが、どこまでが小説なのか現実なのかが、あまりにも曖昧なのである。それを気持ち悪く読むわたしと、心地よく酔うように読むわたしがいて、読み手自身の脳内をバーストさせるかのごとく。それでも、読み続けたわたしは完全に毒にはまってしまっていたのだろう。

 侮るなかれ。中原昌也という、この人を見よ。そんなことを思わず呟きたくなる。悪ふざけじゃなくて、大真面目に。真剣に。わたしのセンスはあてにならないものだけれど、この人のセンスはずば抜けていい、という気持ちを込めて。

4309406181マリ&フィフィの虐殺ソングブック (河出文庫―文芸コレクション)
中原 昌也
河出書房新社 2000-10

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

|

« アッシュベイビー | トップページ | 遭難、 »

40 中原昌也の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/15266693

この記事へのトラックバック一覧です: マリ&フィフィの虐殺ソングブック:

« アッシュベイビー | トップページ | 遭難、 »