« リレキショ | トップページ | ルーガ »

2007.04.02

不思議の国のララ

20070330_007 少女は恋に一生憧れ続けた。それは、或る意味永遠なる片想い。少女然とした、恋然とした、究極なる生き方。だからそこには、性愛などない。むしろそれこそ、世の中で最も恐れているもの。いつまでも少女というカテゴリーで居続けるために、頑なまでに処女を貫くのだ。そんなスタンスが、理想なる少女のかたち。そうして少女の描いた夢は、汚れることなしに続いてゆくのである。いつまでも、ずっと。尾崎翠著『不思議の国のララ』(パサージュ叢書、メタローグ)を読んでいると、少女たる者の在り方。或いは、少年たる者の在り方を、改めて考えさせられる。孤高なまでの形容は、いつか感じた嫌悪感を呼び起こす。そしてわたしを、しばし潔癖にさせる。

 この1冊。尾崎翠の入門書的な編集になっており、なおかつコアな読者までもが満足できる、貴重な作品を多数収録している。不思議の国のララ、海辺の憂鬱、チャアリイに首ったけ、四季のラプソディー、デジャビュ、二重人格の創造主、の6つの構成からなり、伝奇物語や小説、翻訳物、エッセイ、短文、短歌など、様々な尾崎翠に触れることができるのだ。最も知られている、「第七官界彷徨」については、完成に至るまでのプロセスを知ることができ、尾崎翠に影響を受けた作家・島田雅彦による文章も収録。これまで未読だった、「夏逝くころ」「海ゆく心」なども、尾崎翠らしい世界観の美文である。季節を感じながら、思わず物思いに耽りたくなる憂いがある。

 さて、表題になっている、不思議の国のララ。ここでは、「少女ララよ」と尾崎翠訳のポオの「モレラ」が収録されており、この2編で独特の世界へと誘う。ララとモレラ。この異なるようで、近しい雰囲気を持つ少女と女性を比較して読んでみると、なかなか面白いかもしれない。移り気な男心に、切実なる女心。そして、まさに冒頭で述べたような、少女然としたララ。生に対しての懸命さは、はっとするほど美しくもあり、神々しくさえ思えるくらいだ。在るべきかたちの少女。かつて、確かに夢見た少女の理想形。白く、儚く、壊れてしまいそうな、そんなわたしたちの思い描くノスタルジア。孤高の少女は、一生憧れを胸に抱き続け、ゆく。その生き方を貫いて、ゆく。

4839830088不思議の国のララ
尾崎 翠
メタローグ 1999-05

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

|

« リレキショ | トップページ | ルーガ »

11 尾崎翠の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/14496176

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議の国のララ:

« リレキショ | トップページ | ルーガ »