« ヒナギクのお茶の場合 | トップページ | 旅をする裸の眼 »

2007.03.20

軽いめまい

20061124_444011 ゆうるりと、なんとなく流れる時間に身を委ねて、いつのまにか年老いて。特別な何かが起こるわけでもなく、とりわけ何かに夢中になるわけでもなく、それでも日々を切々と過ごして。ごくありふれた単調な時間をこなしてゆく。いや、時間は自然と流れてしまう。人生を諦めたわけではなく、ただ平凡なだけ。ただ過ぎゆくだけ。けれど、多くの人がきっとそういう日々を送っている現実がある。金井美恵子著『軽いめまい』(講談社文庫)は、そんな日常生活を描いている。たわいもない瞬間のひとつひとつを紡ぐ物語は、タイトル通りに“軽いめまい”を呼ぶ。めまいではなく、一瞬のくらっ。そのつかのまの瞬間を感じさせる日常が、わたしたちの周りにもあったのだと知る。

 物語は、30代の主婦の視点から描かれている。もう本当にたわいもない日常である。けれど、そこは著者。ありふれた生活臭にまみれた事柄を、するりするりと読ませてしまう。世間話、子どものこと、夫について、友人たちについて、同じマンションでのこと…などなど、独特の文体でユーモアを交えながら、引き込んでゆく。そこにはもちろん、女性ならではの、愚痴っぽさや抑制した感情、隠しきれない苛立ちが散りばめられている。読めば読むほどに、わたしも知っているなぁ。この感覚。というのが、必ず出てくるのだ。そうして、主婦というものの興味深さに魅せられて、惹かれてゆく。主婦という生き物よ、万歳。とまで思えてくるから不思議である。

 この作品。男性が読んだとしたら、どう感じるだろう。社会に出ないことをお気楽と思うだろうか。それとも、退屈な雑事を引き受けてくれてありがとうと、感謝するだろうか。終わりのない主婦の仕事に目を向けなかったことを、反省するだろうか。でもきっと、著者はそんなことを意図してはいないのだろう。どんな退屈な日々も、特権的立場ではない女性たちの、かけがえのない日常に違いはないのだから。その中で、感じるささやかなめまい。そのきらめき。ゆらめきというもの。今、ここに在るということ。そういうものを伝えたかったように思うのだ。だから“軽いめまい”。一瞬のくらっ。許されるその一瞬を、わたしたちは大事に大事に日常を送り続けるのだ。

4062733765軽いめまい
金井 美恵子
講談社 2002-02

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

|

« ヒナギクのお茶の場合 | トップページ | 旅をする裸の眼 »

14 金井美恵子の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私は銀河といいます。

掲示板などが見当たらなかったので、適当にコメントします。
ブログの感想:
 これだけ文字が多いブログは、はじめてです。 すごいです。
 プロフィールを見させて頂きましたが、私とは趣味とか思考とかが違うような感じですが、全体的には共感できます。

なんか不思議な世界をお持ちのようですね。素敵です!
気が向いたら私のブログにもお越しください。
それでは・・・。

投稿: 銀河 | 2007.03.21 21:14

銀河さん、はじめまして。コメントありがとうございます!
拙い文章のブログなので、恐縮です。
活字好きなもので、いつのまにか文字だらけになっていました。
ネコ画像がそこを補ってくれているといいのですが…。
プロフィールまで見てくださって、嬉しいです。

銀河さんのブログにもお邪魔しますね。
気が向いたらまた、いらしてくださいませ。

投稿: ましろ(銀河さんへ) | 2007.03.22 20:10

どもども
久々(こっちではね、笑)

何気な~く見てて、この作品が気になったのでコメントをば。

今まで専業主婦とか見てて思った事を書き出してみると、
毎日休みで羨ましい、自由でいいな~
毎日大変だな~、ご苦労様、
かな
後半の二つは最近思ったり、自分が仕事してなかった時に母親を見てそう思ったかな。

男は大体外で働くから、主婦の日常とか理解するのは難しいけど、
今は、主婦も大変だな~って。


投稿: ひろ | 2007.03.24 00:26

ひろさん、コメントありがとうございます!
ホント。こちらでは久しぶりですね。
そう、主婦は大変ですよ~。って、わたしは主婦じゃないけれど(笑)
ときどき家事を手伝ってみると、身に染みるこの頃です。
でも、そういう繰り返しの中にも、いろんな感覚があって、
日々変化してゆくのを感じるんです。
ささやかだけれど、心が満ちてゆく。そんな感じ。

投稿: ましろ(ひろさんへ) | 2007.03.24 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/14326303

この記事へのトラックバック一覧です: 軽いめまい:

» 金井美恵子『軽いめまい』○● [駄犬堂書店 : Weblog]
 主人公の夏美は、郊外にある築7年のマンションで夫と小3と幼稚園児の2人の息子と... [続きを読む]

受信: 2007.04.03 01:18

« ヒナギクのお茶の場合 | トップページ | 旅をする裸の眼 »