« 香水 ある人殺しの物語 | トップページ | 銀のロバ »

2007.01.21

赤い脣 黒い髪

20070106_44028 執着というもの。その心を捕らえる響きに、思わずうっとりとする。それは、姿を変えては、しばしば日常の中に蠢く。ふとめぐらせる幻想の中に。わき出る欲望や願望というものの中に。秘めておきたいフェティシズム的な視点の中に。ここにある日常と異常なまでの感覚。その狭間で揺れる想いを軸にして、河野多恵子著『赤い脣 黒い髪』(新潮文庫)は描かれてゆく。その妖しいまでの美しきものに、はっと胸を何かがかすめてゆく。危うい何かが。秘め事のように、そっと。ひそやかに。それでいて強い主張を持って。収録されている7つの短編の中でも、とりわけ表題作「赤い脣」や「片冷え」の視点は、揺らぐ想いが鮮明で、なおかつ淡く脆く、なんとも言えない心地が残るのだった。

 表題作「赤い脣」。紅葉狩りに出かけた先での出来事が、細やかに描かれた作品である。主人公の女性は、見事なまでの紅葉の赤にはしゃいだふりをする。その紅葉以上に美しく思えた、孫娘の唇の赤に戸惑いながら。その色に魅せられる感覚というものは、ひどく危険を孕んでいる。どうかすると、その赤を奪うがごとくの。そんな危険を。惹かれる気持ち次第でその状況は移り変わるだろうが、物語は決して余計なことを語らせない。それゆえに、読み手側をぐらぐらと揺する。危うい方へ、危うい方へと。そして、その赤を見た心地にさせる。魅せられた心地にもさせる。そして、この偏愛というものを正しいと思わせる。無防備な赤ほど、愛らしく魅せられるものはないとすら。

 続いては「片冷え」。右手の妙な刺激を感じ取ったところから、物語は始まる。その刺激はやがて、冷たさへと変わり、右半身にまで至ってしまう。不自由なことは何もない。ただ、右半身だけが冷たいのだ。その異常を、主人公の女性は外国にいる恋人にゆだね、夢見心地になるのである。これは、恋人への執着が為せるわざなのか。その不思議な世界に浸ってゆけばゆくほどに、女性の心持ちがわたしを覆うように迫り来る。その冷たさというものが、幸福の証のようにすら思えてくるほどに。その大いなる幻想は、幻想を超えていつのまにか現実のものとして認知される。これが、愛なのか。それとも執着に過ぎないのか、その微妙な一線を危ういながら均衡を持って、物語は展開する。

 他にも、愛と執着との狭間で揺れる物語は多数ある。描かれ方は違うものの、ある言葉への執着だったり、ある願望への執着だったり、生への執着だったり…。いずれも、深いこだわりに他ならない。そこに蠢く感情は、いずれも日常に根ざしていながら、非日常を呼び起こさせる。或いは、幻想を。或いは孤独を。そもそも執着というものは、共有するものではないのだろう。秘めているからこその悦楽。一人きりならではの、娯楽なのかもしれない。大人だけに許された、ある種のエロティシズム。そんなふうに考えながら読むと、抑制の効いた文章がさらに深いものへと変わるだろうか。それとも、年月を重ねてみないことには深まらないものだろうか。さてはて。

4101161038赤い唇・黒い髪
河野 多恵子
新潮社 2001-09

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

|

« 香水 ある人殺しの物語 | トップページ | 銀のロバ »

22 河野多恵子の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/13602605

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い脣 黒い髪:

« 香水 ある人殺しの物語 | トップページ | 銀のロバ »