« オリベ | トップページ | 均ちゃんの失踪 »

2006.12.21

犬は神様

200612001_018 完全なる猫派のわたしだが、犬もかなり好きである。現在飼っている愛犬は、いくらムダ吠えしようとも無条件に可愛いし、猫とは違うその魅力にもひそやかながらはまってしまっている。犬。そのアルファベットDOGを反転させてGODと思いついたのは、銅版画家ならではの発想だろう。山本容子著『犬は神様』(講談社)には、小さな頃から気がつけばいつでもそばに犬がいたという著者の犬に纏わるエピソードが紡がれている。同じ時間を共有した五匹の犬たちそれぞれに対する思い入れは、文章だけでなくいくつものデッサンや版画からも切々と感じられる。その絆の深さは、犬を飼ったことのある人ならば、痛いほどわかるに違いない。ほろりともなるかもしれない。

 著者にとっての犬。それは、パートナーをも超えた存在である。五匹それぞれに甦る思い出は違えども、その頃の記憶は人生そのものをぎゅっと濃縮したものになっているように感じられる。犬は、人間よりも遥かに短い人生をたどる動物だからだろうか。その分、わたしたち人間が犬(動物)に学ぶことは多い気がする。この作品の中では、特に老いを受け入れて生を全うしたルーカスの存在が、まさにそれを示してくれている。その生き様というものに、どこか犬という存在を超えたものを見出さずにはいられなくなるのは、飼い主である著者だけではないだろう。懸命に生きるとは、まさにこの姿だ。わたしはそんなふうに思えてならなかった。そして、自分を省みて恥ずかしくなった。

 そういえば、わたしにも、そんな懸命な姿を見せてくれた犬がそばにいたことがある。そもそも出会いからして劇的なものだった。長い帰り道、とぼとぼと歩く幼きわたしの後をずっとついてきてしまった子犬がいた。まだわたしが、7歳になるかならないかの頃である。小学校に迷い込んだ子犬は、なぜかわたしを選んだ様子で、わたしが振り返ると立ち止まり、わたしが歩けば子犬も歩いた。その繰り返しで、とうとう家まで着いてきてしまったのだった。家には既に先住の犬がいて、気性の荒い性格のため、わたしは噛まれたことすらあったのだが、子犬はその犬ともすぐに打ち解けてしまい、いつのまにか当然のように居着いてしまった。なんともまあるい性格の子犬だったのだ。

 やがて、老いゆくとき「今年いっぱいでしょう」と獣医さんに言われ続けてから三年ほど長く生きた。その間、二匹の仲間の死を見送り、最期まで穏やかに生き抜いた。わたしが泣いているときは、いつでもなぐさめるように寄り添ってくれたし、お尻ごと思い切り尾を振るのは、老いてもずっと変わらなかった。現在、我が家には、わたしが生まれてから四代目となる犬がいる。まだ数年しか生きていない彼女(犬)に人生を学ぶことは、まだ残念ながらないけれども、いつでも無条件にわたしを受け入れてくれるし、けなげにも帰宅を待っていてくれている。家の主である父親に日に日にそっくりになってゆく表情を見ていると、愛おしくてたまらなくなるのだ。でも、わたしはやはり完全なる猫派だ。

4062137151犬は神様
山本 容子
講談社 2006-11-18

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

|

« オリベ | トップページ | 均ちゃんの失踪 »

68 エッセイ・詩・ノンフィクション本」カテゴリの記事

69 アート・絵本」カテゴリの記事

72 犬の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ましろさん こんにちは。
断然犬派のマリリンです。(猫も好きですよ。子供の頃一緒に寝ていましたから・・・)
ましろさんのレビューを読んで、一昨年亡くした愛犬を思い出し、ウルっと来てしまいました。

>人生そのものをぎゅっと濃縮したもの
>わたしたち人間が犬(動物)に学ぶことは多い気がする
正におっしゃるとおりだと思います。
老いを受け入れてからも尚、健気に生きようとする姿にどれ程涙し、様々な事を教えられたか分りません。

この本もまた、要チェック、メモメモです。
そうそう、先日山本容子さんの挿絵のカポーティの「クリスマスの思い出」を再読しました。
内容も、挿絵も何度読んでも大好きです。

投稿: マリリン | 2006.12.22 10:33

私も猫派の一人ですが、かつてましろさんと同じように犬を飼っていた事があります。
学校に迷い込んだメス犬で、とても律儀で頭の良い、家族の一員になるにはそう時間はかからなかったものです。
懐かしいな、とふと思いコメントさせてもらいました。

投稿: はんがん | 2006.12.22 13:25

マリリンさん、コメントありがとうございます!
そうでしたか。断然犬派でしたか。
まだ亡くされてから、そんなに経っていないのですね。
この作品を読んだら、ますますうるっときてしまうかもしれないです。
犬好きには、とても染みます。

山本容子さんの挿絵のカポーティ作品があるのですかー!!!
知りませんでした。わたしもメモメモです。
今の時期にはよさそうな本ですね。
また、いろんな本を教えてくださいね。
ありがとうございました。

投稿: ましろ(マリリンさんへ) | 2006.12.22 21:10

はんがんさん、コメントありがとうございます!
猫派のはんがんさんが、犬を飼っていたこともあるなんて…
びっくりです。いやー、動物っていいですよねえ。ホント。
懐かしい思い出。わたしもいつまでも大事にしたいです。

投稿: ましろ(はんがんさんへ) | 2006.12.22 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/13151004

この記事へのトラックバック一覧です: 犬は神様:

« オリベ | トップページ | 均ちゃんの失踪 »