« 子どもの王様 | トップページ | 生きてるだけで、愛。 »

2006.09.07

キッズの未来派わんぱく宣言

20060906_44001 日常というものは、たいてい気だるく過ぎゆくものだ。“軽やかに楽しく”なんていう時間の方が、思えばなんとも少ないものとして、この世界は成り立っている。一瞬の歓喜のための忍耐なんぞ、果たして一体何のためにあるのだろうか…。そんな気持ちで忙しなくモヤモヤしているときには、中原昌也著『キッズの未来派わんぱく宣言』(リトル・モア)が、最高に心地よい。きっと、最高の暇つぶしになるはずだ。最高の気分転換にもなるはずだ。今にも何もかもを放り出して、どこかへ逃げてしまいたい人。そんな人には、特別痛快な1冊になるだろう文章が、ここには満ち溢れているのだ。けれど、内容は在ってないモノとして読むなら読むべき文章でもある。何しろタッチは軽く、さらりと根底にある本音という名の毒を吐き続けるものだから。

 まず、言ってしまおう。これは102ページという、薄い1冊だ。それも、CD付きの。だが、図書館で借りたわたしは、なぜかCDを取り出せないため、悲しいかな、その趣旨を正直に述べることができない。もしかしたら、この中原昌也という人の新たなる表現というものに触れることができていたのかもしれないのに…。残念だ。先に述べたように、毒のある文章ゆえに、好き嫌いの別れる作家というに相応しい気がする。どこまでも身勝手な主観で、残酷なまでにさらりと描かれているように感じてしまったのは、作品の選択を間違ったせいかもしれないのだけれど、わたしはこういう文章が結構、いや、かなり好きである。一番薄い1冊から読み出したのは、わたしの意気地のなさゆえであるとさえ、素直に白状してしまう勢いになるほどだ。

 物語は、1人の男の主観だけで展開してゆく。それはもちろん、当然のごとくとして、偏った主観であり、いつしか、これを読んでいる読者の主観にも重なってしまう。とても口にはできない醜い想い。それが、文字として目の前に現れたとしたら、あなたならどうするだろう。例えば、“何かいいことないかなぁ”とか“おもしれぇこと、何か起きねぇかな”とか、見知らぬ誰かに一言“うるせえ”だとか。こぼしがちなこういう想いは、日常の中では、多いことだろう。むしろ、多すぎるくらいでもある。そうして日常が気だるいのは、きっとわたしたちが満たされているがゆえに、不平不満を募らせているからではないのか…?なんて、思ってしまうわけだ。だからこそ、中原昌也という人の文章は響く。本物を見極めるセンス。つまりは、真理というものを知ってやろうじゃないか、と。

 自分自身の内面の弱さというもの。暴力だけがものをいう、社会というものの動物的世界。常に自己嫌悪に陥るような地味な暮らし。人を羨ましいと思うことへの虚しさ。そして、そこにある、苦悩と後悔とに満ちた人生というもの。わたしたちが、多かれ少なかれ抱く、そのような想いは、当たり前ながら、それぞれにそれぞれの物語がある。あなただけのあなたにしかない日常が。わたしだけのわたしにしかない日常があるのと、同じように。そんな日常の中で感じること。考えること。学ぶこと。楽しむこと。悲しむこと…。そういうもの全てが、本当はたまらなく愛おしくて、たまらなく大事なもののように思えたわたしだ。まだまだ、人生、捨てたものじゃない。とりあえずは、6割くらい信じてみることから、スタートしようじゃないか。

4898151272キッズの未来派わんぱく宣言
中原 昌也 中原 昌也 他
リトルモア 2004-06-22

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。

|

« 子どもの王様 | トップページ | 生きてるだけで、愛。 »

40 中原昌也の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

中原昌也さんの作品、最初はついてゆけないものを感じていましたけれど、「暴力」=ヴァイオレンスをごく自然な形で、ごく普通に描写するという、一種アニメ的な展開に、最近は「ほほう」と感心しております。中原さんがあまりにも自然体なので、抵抗する気すら失せてしまうというか(笑)。「センス」がありますよね。とても。

投稿: bananafish | 2006.09.09 20:28

コメントありがとうございます!
“抵抗する気すら失せてしまう”というセンス。
もっと楽しみたくなってきました。毒好きなのでしょうか、わたし(笑)
bananafishさんのオススメ作品がありましたら、
ぜひ機会がありましたら、教えてくださいませ。

投稿: ましろ(bananafishさんへ) | 2006.09.09 21:38

こんにちは。
興味深い本ですね。早速店頭で手にとって見たいと思います。
いつも興味深い本を紹介していただいてるので、とても参考にしています。これからも更新、楽しみにしております。

投稿: ホームページ制作「ホームページマジック」 | 2006.09.12 10:13

コメントありがとうございます!
この拙き記事が本選びの参考になっているなら、とても嬉しいです。
また、ぜひいらしてくださいませ。

投稿: ましろ(ホームページ制作「ホームページマジック」さんへ) | 2006.09.12 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/11795702

この記事へのトラックバック一覧です: キッズの未来派わんぱく宣言:

« 子どもの王様 | トップページ | 生きてるだけで、愛。 »