« ero・mala―Les maladies erotiques | トップページ | ホテルカクタス »

2006.04.30

台所の詩人たち

20050227_44012 ずんと響いてじんと残るもの。わたしにとって、そういうものは何だろう。考え始めてぱっとひらめかないのは、あまりにも多いからか、少ないからか。どちらにしても、それほど大きなものはないらしい。つまりは、無に等しいということ。些細ながらも少しの間しゅんとして、活字の渦に呑まれてみた。呑まれるしかなかった。そして、そんなときにするりと入ってきた、岩阪恵子著『台所の詩人たち』(岩波書店)に、はっとする言葉を見つけた。“私たちの心にこげついて根を一生にのこす処のものは、日常のくだらぬ事ばかりがなかなか生きている”というものである。小出楢重の随筆にある言葉だ。ああ、そうか。そうだったのか。意味する言葉とわたしなりの解釈。そこにぴんと張られた糸を感じた瞬間だった。

 この本は、わたしにとって3冊目の岩阪作品になる。ふるさとのこと。日々の暮らしのこと。自然へのさまざまな思い。それから、よむこと。みること。きくこと。1976年から2001年までの随想集である。長短それぞれ。味わい深い、なんとも心地よい文章の流れを感じる。これはまさに、日常。くだらないとは言い難いが、たわいもない日常である。そして、わたし自身が“ああ、そうか。そうだったのか”と思った日常に、とてもよく似ていたのだった。読みながら気づく。わたしは、大きな出来事などなくてもいいや、と。注意しなければ目に止まらないくらいの、何気ない日常やささやかな喜び。それの方がずっとずっといとおしいじゃないか、と。

 日常。そこで交わされる言葉について、語られている部分がいくつかある。中でも、人との距離を考慮した言葉のはさみ方の部分が興味深かった。著者はわたし同様に話し下手らしく、黙って微笑めばいいところで余計なことを言い、親しくなった途端にその人との距離をはかりかねるのだとか。言葉を交わす瞬間は流動的でありながら、どうもその瞬間というものを掴みきれない。そこで登場するのが、“人と話すとは、いかに話さないか”である。言葉を惜しむ。気持ちの高ぶりをつい言葉によって用いてしまうわたしたちには、少々痛い部分でもある。言葉は万能ではない。働きも不自由。ときには有害となる。だから惜しむ。惜しまなければ、と思ったのだった。

 著者の言葉の中に心地よさを覚えた部分が、もうひとつある。それは、自分自身への折り合いのつけ方が語られた部分である。少女から思春期。その時期に、著者はひどく戸惑ったという。生きづらさの根源。それを何とか収めることができたのは、最近のことらしい。わたしがほっとしたのは、そういう悩める時期というものが、決して一時ではないこと。無駄ではないと知れたからだろう。著者はそういう時期を“濃い時間”と表現する。そして、今もまだその濃い時間は続いているという雰囲気を漂わせて、文章は結ばれる。闇の深さ。光りの長さ。押し寄せるものに耐える日々。何とかやり過ごす時間。きっと、ゆるやかだけれど、確実に流れる。流れている。世の中も。人も。景色も。まさしくそれは、わたしの中にずんと響かせて、じんと残すべきものである。

4000012959台所の詩人たち
岩阪 恵子
岩波書店 2001-08

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログにいらっしゃい。

|

« ero・mala―Les maladies erotiques | トップページ | ホテルカクタス »

05 岩阪恵子の本」カテゴリの記事

68 エッセイ・詩・ノンフィクション本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

岩坂恵子という作家は、日常をテーマにしているのでしょうか・・・
日常にこそ、ドラマがあるというのでしょうか?
昨日から「掘る人」を読み始めました。
淡々と語られるその作風に、最初は、とても戸惑ってしまいました。
なにしろ「キャッチャー・イン・ザ・ライ」から一転だったので(笑)。
でも・・・いいですね。
素敵な作家さんとの出会いをありがとうございます。

投稿: こもも | 2006.05.01 19:25

こももさん、コメントありがとうございます!
まだ3冊しか読んでいないのですが、どの物語にも“日常”を感じます。
エッセイの中では、“どこにもある当たり前の人の一生に、
そのなかのひとこまひとこまに、私は思いを深めずにはおれない”
という箇所があって、ほうほうなるほどと思いました。
物語の大きな流れを抑えたものが、
どうやらわたしは好きみたいです。

わたしは逆流して、「キャッチャー・イン・ザ・ライ」で一転しようかしら。
ひそやかな企み…(笑)

投稿: ましろ(こももさんへ) | 2006.05.02 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/9829229

この記事へのトラックバック一覧です: 台所の詩人たち:

« ero・mala―Les maladies erotiques | トップページ | ホテルカクタス »