« フィンガーボウルの話のつづき | トップページ | 雨のち雨? »

2006.04.17

掘るひと

20050601_44036 日常にあるもやもやや、うずうず。その正体をなんとなく探りたくなるのは、どうしてだろう。そ知らぬふりをして、一切かまわずに放っていればよいのだろうに。そわそわと落ち着かぬ私は、知りたい知りたいとしきりに問いかけてしまう。自分の中に留めきれずに。誰彼かまわずに。岩阪恵子著『掘るひと』(講談社)は、そういう私にしっくり馴染む物語である。9つの短い物語は、どれもある程度歳を重ねた女性(50~70代くらい)が主人公で、執拗なまでに倦怠や苛立ちを描いているのだが、嫌な感じは全くない。余計な感情を排除した、主観に流されない文章ゆえ、するりするりと物語が入ってくる。ありふれているのに上質な日常。そんなふうに思う。

 まずは、表題作「掘るひと」から。単身赴任中の夫の母親と暮らす、女性の話である。黙々とひとり穴を掘る彼女は、奇異な周囲からの目やあからさまな言葉を受け流しつつ、それでもやっぱり掘ることをやめられないでいる。庭の北側にあるいくつもの穴は、すべて彼女が少しずつ掘ったもので、そこで生ゴミと枯葉が腐敗してゆくのだ。便利なものがある今、なぜ彼女は穴を掘るのか。物語にはそれが、ほとんど描かれていない。無心に堀りながら、精神の均衡を正そうとする思い、ほんのりと感じる達成感か。想像できるのは、これくらいだ。窓から見える清潔さを装った生ゴミ入れに対して、思わずため息がもれた。その緑色が、なんだか意味もなく自己主張しているようで。

 続いては「庖丁とぎます」を。何もしないよりはいいだろう…そんな理由から、ドアノブに“庖丁とぎます”とぶら下げることにした女性の話。特別な技術があるわけでもなく、道具がそろっているわけでもなく。素人なのにもかかわらず。耳の遠いお隣の老夫婦のこと、娘を思い出させる少女のこと、3年前に亡くなった夫のお悔やみに来る男性のこと。どれも些細な日常であるのに、とてもいとおしい気がしてくる。戻らないひと。戻らない時間。誰もが去りゆく世の中のしくみとやらを、はじめて気にしてみたりして。それは、物語のあちこちに臭い立つものが、私の中の記憶をぢんぢん刺激するせいかもしれない。例えばそう、あの、血なまぐさい庖丁をとぐときの臭いだとか。

 もうひとつ、「流しの穴」を。ふとしたときから、流しの臭いが気になり始めた女性の話である。雨まじりの風の強い日になると、心なしか臭いがひどくなるよう。けれど、一緒に暮らす夫にはその匂いがわからないらしく、彼女はひとり、排水口をこまめに洗ったり、パイプクリーナーを試したりしている。所帯じみた生活の臭いを嫌悪しているはずなのに、彼女は外出先でついそういうものばかりを手にとってしまう。そして、洗練された売り場とは別世界のような、野暮ったい屋上で腰を落ち着ける。その後の展開もリアルな生を感じさせ、少し疲れた主人公の姿や言動に寄り添いたくなる。私の心は中年なのか…と思いつつ、まぁなるようになりますよ、とひとり、つぶやいてみたのだった。

4062132478掘るひと
岩阪 恵子
講談社 2006-01

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログにいらっしゃい。

|

« フィンガーボウルの話のつづき | トップページ | 雨のち雨? »

05 岩阪恵子の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
読みたい本を探していて、こちらにたどり着きました。
素敵なブログですね。早速、読みたい本が一杯出来てしまいました。
これからも、寄らせて下さいね。

投稿: こもも | 2006.04.18 21:01

こももさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!
記事を読んでくださって、“読みたい”と思ってもらえる。
ブログを続けていて、それほど嬉しいことはありません。
またぜひ、いらしてくださいませ。

投稿: ましろ(こももさんへ) | 2006.04.19 17:34

こんにちは、ましろさん。
図書館でみつけ、
どっかで見たことあるような…、そうだ!確かましろさん!
と思い当たり、借りてみました。
独特な湿り気がありましたが不思議と嫌な感じはなく、
するすると読めてしまいました。
いつか私にもこんな日が来るかも…と感じる妙なリアル感、
この感じはしばらく消えなさそうです。

ところでココログのアマゾンアフィリエイト、
『掘るひと』は報酬外とかで画像リンクが出来ませんでした。
ましろさんとこはなぜ出来てるのでしょう?
フリーじゃないから??

投稿: ゆら | 2006.05.15 06:16

ゆらさん、コメント&TBありがとうございます。
思い当たってくださったんですね~!
なんだかすごく嬉しいです。
この作品の独特な湿り気、いいんですよね。
年齢的に言うと、馴染んじゃうことはちょっと問題アリかもしれないですが。
(ガンバレ20代のわたし。笑)
著者の作品に今、かなりはまっています。

ココログのアマゾンアフィリエイトについては、
フリーとはちょっと違うみたいですね。
記事作成のボタンに“アフィリエイト”という部分がないんです。
だから、わたしはG-Tools で表示させているんですが、
めんどくさいデスネ…

投稿: ましろ(ゆらさんへ) | 2006.05.15 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/9632193

この記事へのトラックバック一覧です: 掘るひと:

» 掘るひと  岩阪恵子 [くゆら]
掘るひと 大人になってからはあまり感じることがなくなったような気もするのだけど、 [続きを読む]

受信: 2006.05.15 06:13

« フィンガーボウルの話のつづき | トップページ | 雨のち雨? »