« バスジャック | トップページ | 金曜日の砂糖ちゃん »

2006.03.15

vanity

20051120_44020 生きてゆくための“装い”というものを、私はときどき考える。表面的な着飾りはもちろん、心の置き所や言動、他者に与える雰囲気などなど。私自身の思惑と他者の捉え方が多少異なっても、理想的にありたい自分と確かにある自分とをさまざまに組み合わせ、絡め取り、精一杯に装ってみせるのだ。その行為はなんとなく、清水博子・著『vanity』(新潮社)の物語世界と似た匂いを思わせる気がする。ヴァニティ、つまり虚栄心。うぬぼれ、空虚、虚しさ。プライドに縁取られたそれらの言葉の並びは、私の装いというものの愚かさを指し示すようだ。とは言っても、生きるためには、社会との繋がりを完全に断ち切ることなどできるはずがない。ゆえに、何かしら装わずにはいられない、ということになる。

 物語は、空き巣と小火で身を寄せる場所を失った画子と、その恋人の母であるマダムとの日々を描いている。東京郊外での味気ない暮らししか知らない画子が、古いしきたりが今もなお続く六甲の商家で、婚約者候補の女性として行儀みならいをするのだ。けれど、身を守るためだけに仕事を辞めるつもりなどなく、留学中の恋人と口裏を合わせて、画子は表玄関からいれてもらうためにマダムに虚偽を告げる。マダムはマダムで、周囲の人々に画子の所在を明らかにはせず、2階から降りてくることをよしとしないことも多々ある。有無を言わせないマダムの言葉に、肯定したようにも聞き返したようにも捉えられる曖昧さで“はい”と放つことを学んだ画子は、自分自身の身の振り方や決められている生き場所のようなものをぼんやりと意識し始める。

 画子が意識するもの。それは、文豪・谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」にもある、関西と東京との違いなどによってめぐらされる。声色から始まり、歴史的に虚栄まみれの場所での自分の嘘の無意味さ。秘密にしても露呈する、自分という人間の底の浅さ。かといって、正直さをもよく思われない。関西に深く根を張る美学としての諦念というものを、少しずつ知ってゆくのだ。虚栄の下では、ある条件がそろっていなければ、門前払いされる。一見、やわらかなのに、実は冷ややかな口調。意味を持って見下ろされる視線。そういうものを、心狭くフンと思うのは簡単だ。その地を離れればいい。出てゆけばいい。逃げてしまえばいい。ここにある疼きなど、素知らぬ振りをすればいい。けれど、フンと思うその気持ちこそ、うぬぼれじゃないのか。物事への。他者への。自分への…

 省みる点が多いのは、きっと私がマダムのような暮らしとは縁がないせいだろう。また、その暮らしとは対照的な場所での暮らしにも縁がないせいだろう。ゆえに、物語の中で画子が感じたように、一生足を踏み入れない場所というものがあることを自覚している。完璧に整えられた美しさと、裕福さとに縁取られた姿しか似合わないその場所は、たとえ私が潜り込めても、正しく馴染めないことを伝えてくるはずだ。自分の身分を思えば、それはごくごく当たり前の事実として目の前にある。そう、だって、正真正銘のマダムはこんな文章を連ねることなどないのだ。そもそも、書物を読みはしない。同じような身分に属する誰かの、限りなく気まぐれに近い憶測だらけの噂話を、完璧な装いで口にするのだ。「なんとかっていう本に、私たちが登場するらしいわ」とか。

4103016515vanity
清水 博子
新潮社 2006-02-23

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、発見!

|

« バスジャック | トップページ | 金曜日の砂糖ちゃん »

30 清水博子の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

初めまして、モンガです。
清水博子さんの書評・感想を書いている人は、あまり見ませんが、ましろさんに行き着きました。
トラックバックは、うまくいきませんでしたが、
今後ともよろしくお願いします。
ブログリストにも登録しましたのよろしくお願いします。

投稿: モンガ | 2006.09.26 22:17

はじめまして。コメントありがとうございます!
トラックバック。ココログとJUGEMとの相性が悪いようで…。
どうもすみません。特に夜間は不具合が多くて。

清水博子さんの書評や感想は、そういえば少ないですよね。
わたしはかなり好きですし、これからもっと注目な方だと思うのですが。
また懲りずに覗きにきてくださいませ。
こちらこそ、今後もどうぞ宜しくお願い致します!

投稿: ましろ(モンガさんへ) | 2006.09.26 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/9099362

この記事へのトラックバック一覧です: vanity:

« バスジャック | トップページ | 金曜日の砂糖ちゃん »