« 六の宮の姫君 あなたのための小さな物語 | トップページ | ゴールディーのお人形 »

2006.02.25

「ビミョーな未来」をどう生きるか

20050111_030 流行りの“ビミョー”と“微妙”の意味は、厳密にいうと少々異なるものかも知れないが、試しに辞書を引いてみると、意外と悪くない言葉であることがわかる。“趣の深くすぐれていること”だとか“細かくて複雑なこと”だとか。なかなかいいじゃないか。何かを訊ねられて、事細かに説明するのが困難なとき、さまざまな葛藤や迷いが渦巻いているとき、「うん、まあ、ビミョーかな」なんて答えればいい。訊ねてきた相手が、いろいろ悩んでいるんだなと受け取ってくれるかどうかは実にビミョーだが、それは仕方ない。藤原和博・著『「ビミョーな未来」をどう生きるか』(ちくまプリマー新書)には、生きにくいビミョーな時代の子どもたちに向けて、丁寧でやわらかな口調で学ぶことや働くことの意味、豊かな未来を生きるための具体的な実践方法を教えてくれる1冊だ。

 中学生に向けられて語られる6時間目までの授業は、社会の様子が明らかに変化していることを伝えている。どうして生きにくくなったのか、どうして未来が見えにくくなったのか。それが社会だけのせいではないこと、子どもたちだけが悪いのでもないこと、大人たちだけが悪いのでもないことを、わからせてくれる。目まぐるしく変化する社会を生きるために必要なことを示し、中学生の今だからこそやらなければならないこと、学ぶべきことを、丁寧な動機づけと共に教えてくれる。本来は、“これが大事”とか“これが必要”なんてことを具体的に教え込まれずとも、自然と学び、身につけることが当たり前なのかも知れない。わざわざ明確にしなければならぬ程、世の中が混乱しているということなのだろうか。

 この本に示されている事柄は、中途半端に歳ばかり重ねてしまったビミョーな大人である私にとっては、ひたすら感心する教育本だった。難しい理論を持ち出すわけではなく、自分の足下からきちんと固める、1本筋の通った語り口であるから。それは、私が影響されやすいという、致命的かつ、未だにお子ちゃま的な部分のせいかもしれない。もはや間に合わぬかもしれないのにもかかわらず、早速実践してみるのもよいかも…的なことを、つい考えてしまうほどである。私がビミョーな大人であるわけ。ビミョーな世の中をビミョーに生きてしまうわけ。これから先の未来が、今のままではやはりビミョーでしかないわけ。そして、私よりも若い世代には、さらにビミョーなものばかりが待っているというある現実味帯びた予感。それらは、真剣に考えるべき問題だ。

 問題であるビミョーな私たちの生きる社会は“成熟社会”というもの。それ以前の20世紀後半は“成長社会”。そのため、親の世代が育ち、生きてきた社会と同じ生き方ではやっていけないのは当然のこと。万人にとっての正解は多様化し、社会は自然と複雑になっていく。やわらかに頭を使ってイメージを広げる、イマジネーションが重要になるこの社会では、情報を処理する能力よりも、それをいかようにも編集する能力が求められる。それゆえ、さまざまなものを吸収できる若いうちに、コミュニケーションする技術、ロジカルに考える技術、推理するチカラ、役割を演じる技術、自分の考えや感情を表現する技術を磨いておく必要があるという。それらを身につけたなら、ビミョーだった未来も社会も私たちも、生きづらさがこころを苦しめるのも、やわらぐかもしれない…なんていう希望は、やはりビミョーなのかもしれないが。

4480687289「ビミョーな未来」をどう生きるか (ちくまプリマー新書)
藤原 和博
筑摩書房 2006-01

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい!

|

« 六の宮の姫君 あなたのための小さな物語 | トップページ | ゴールディーのお人形 »

68 エッセイ・詩・ノンフィクション本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

そういった「生きていく技術」すらも相対化されてしまうのが、過度な情報化社会になってしまった現代なんじゃないかな、と思う。
だからこそ、一見絶対的に思える、人を愛す、愛されるということにすがってしまうような。
面白そうな本ですね。読んでみよっと。

投稿: ゆうぴん | 2006.02.28 14:29

ゆうぴんさん、コメントありがとうございます!
もはや私は、人を愛する術&人に愛される術にも、
いわゆるマニュアルみたいなものを欲しがっているかもしれません。
“ちくまプリマー”は侮れませぬ。小難しい新書よりも説得力を感じますよ。

投稿: ましろ(ゆうぴんさんへ) | 2006.02.28 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/8828647

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビミョーな未来」をどう生きるか:

« 六の宮の姫君 あなたのための小さな物語 | トップページ | ゴールディーのお人形 »