« 象工場のハッピーエンド | トップページ | いつか、ずっと 昔 »

2005.12.04

あかるい箱

20051010_107 何かを待っている人たちのほんのり切ないファンタジー作品である、江國香織・文、宇野亜喜良・絵による『あかるい箱』(マガジンハウス)。心がじんっとなる物語と幻想的な美しさを放つ絵とが見事に交じり合い、何とも味わい深い不思議の世界を展開している。絵は、宇野亜喜良にしては少々粗いタッチで全て青い線で縁取られているのだが、それがまた絶妙ないい雰囲気である。こういう本を読んでしまうと、普段一番多く読んでいる小説というジャンルでの自分の想像力の乏しさをひしひしと感じてしまう。文字から思い浮かぶ光景は無限だけれど、読み手側にその能力がなければ物語は広がらない。視野の狭さはときとして物語の良さを引き立たせるけれど、ある程度のチカラは欲しいものだと思う。

 さて、物語の内容。舞台は引っ越して1週間になるのに、誰とも顔を合わせることがない奇妙なマンション。少女にはお隣のリリコさんが見えるのに、少女の家族にはどうやらその姿が見えないらしい。少女はたびたびリリコさんの部屋を訪ね、いつの間にか帰る場所をなくし、その部屋に来る幾人かの人たちと一緒の時間を過ごすことになる。そこにいる人たちの目的は同じで、皆誰かを、或いは何かを待っている。そして、その目的が果たされたとき、かつての自分の場所に戻ることか出来るらしい。ここまで書いてみるとありがちな話だけれど、そういうのが結構良かったりする。予想される結末も、妙にいいのだ。

 この物語の中でポイントなのは、時間軸のズレ。少女が帰る場所をなくしてしまったのは、その時間軸のズレによるもの。少女の時間はリリコさんの時間に引き込まれ、その方向が変わってしまったのだろうと考えることが出来る。そもそも“待つ”という行為は、極めて後ろ向きのものではないのか。物語を読んでいる間、私の中にはそんな思いが浮かんでいた。例えばリリコさん。彼女が待っているのは、随分前に自分の元を去っていった恋人のことである。リリコさんの気持ちの密度が濃くなればなるほど、その部屋は過去の想い出にずんずんと侵食されてゆくのだ。想いは雪だったり、海だったり。リリコさんは、自ら進んでそこに浸っているように見える。

 そして、少女の“待つ”ものも、どこか過去の方を向いている。引っ越す前の学校で一緒だった、島本くんからの手紙。それは、ひどく可能性の低いものではなかったか。もちろん、後ろ向きに過去にばかり目を向けている人ばかりではない。前向きな未来を待っている人もいる。でも、そういう人たちというのは、リリコさんの部屋に長居はしないのではないかと思うのだ。お腹の赤ん坊が、生まれるのを待っている奥さんのように。待っているものが叶わないものであればあるほど、時間軸のズレは深まり、充満する想い出に囚われてゆく。それは自分にとって都合のいい心地よさではあるけれど、多分長く浸ってはいけないものなのだろう。

4838713894あかるい箱
江國 香織
マガジンハウス 2002-10

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログがいっばいだわ!

|

« 象工場のハッピーエンド | トップページ | いつか、ずっと 昔 »

07 江國香織の本」カテゴリの記事

69 アート・絵本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

生きている限り、過去を糧に今を生きなきゃいけない。
想い出に浸るのは心地いい事だけど、囚われちゃいけないですね。
って言ってもそうなっちゃう時って自分じゃどうにもならなくて、人に頼ってしまったりする。
偉そうな事は言えないです(笑)

そういえば、写真のにゃんこチャン可愛い☆
楽譜と表情がいい感じ♪

投稿: ユエ | 2005.12.04 21:53

こんにちは、コメントありがとうございまいした、私も猫派のものです。
素敵な本ですね、時間があれば読みたいものです。
写真の猫かわいいですね。

投稿: ハンガン | 2005.12.05 06:55

ユエさん、コメントありがとうございます!
私も偉そうな事は言えないです。
今ある現実を受け入れるのが、ひどく難しいので。

にゃんこ可愛いですか。載せてよかったです。
ボツにするところでした。
アブナイアブナイ…

投稿: ましろ(ユエさんへ) | 2005.12.05 19:42

ハンガンさん、コメントありがとうございます。
mixiから来てくださったのですね。とっても嬉しいです♪
猫派仲間として、どうぞこれからも宜しくお願い致します!

投稿: ましろ(ハンガンさんへ) | 2005.12.05 19:45

ボツにするとことだったの?!
こんなに可愛いのに!!
私、にゃんこ好きだけどアレルギーで触れないからいっぱい写真載せてください♪
ましろさんもmixiっていうのやってるんですか??
最近よく聞くけどそれって何ですか??

投稿: ユエ | 2005.12.05 21:33

アレルギーなの?それは大変だァ。
好きなのに触れないのはもどかしくて切ないね。
ケンタちゃんをその分、可愛がってあげて。

mixiは、“ソーシャルネットワーキングのサイト(SNS)の1つ。直接の友人・知人をマイミクシィとして登録することができて、日記の更新などを簡単にチェックできる”ところ。いろんなコミュニティがあって、同じ趣味興味のある仲間と交流できるのだー!招待制なり。
と、云いつつ私はイマイチ楽しさがわからないのだけれど、宜しければ招待状を送りまする。

投稿: ましろ(ユエさんへ) | 2005.12.06 09:03

招待状?!素敵❤

招待状っていったら舞踏会でしょ!!って思ってしまうけど、実際どうなんでしょう??

ちょっと興味あるので欲しいです☆

お暇な時に送って下さい♪
よろしくお願いします。

投稿: ユエ | 2005.12.07 19:23

素敵(笑)この言葉は大好きです!
了解しました。早速送りますね。
何かあればメールの方で。

投稿: ましろ(ユエさんへ) | 2005.12.07 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/7463490

この記事へのトラックバック一覧です: あかるい箱:

« 象工場のハッピーエンド | トップページ | いつか、ずっと 昔 »