« わたしがちいさかったときに | トップページ | 僕の双子の妹たち »

2005.08.17

明日の記憶

20050815_170 記憶だけでなく、人格をも失われてゆくアルツハイマー。言葉や思考に続いて、体の機能も奪われてゆく死に至る病である。50歳にして“若年性アルツハイマー”と診断された佐伯が、病気を受け入れて生きようとするまでを描いた、荻原浩・著『明日の記憶』(光文社)。読みながら胸が息苦しくなり、何度も泣きそうになった。世間がアルツハイマーという病に関して、いかに無知であるか。誤解をしているか。そして、この病の者が抱える胸の内がどんなものであるのか。傍に寄り添う者の苦悩とは。そういうことを思い、感じ、考えていくうちに、私の中で何かが弾けた。ぷつん、と。

 不安。恐怖。絶望。アルツハイマーだと診断された佐伯は、この3つの感情に支配される。文字にしてみれば、何のことはない熟語。あっさりしている。けれど、キレイに並んでいるこの言葉が、小説の中できつく胸を締めつける。あまりにも深く広がる不安であり、どこまでも続く恐怖であり、限りない数の絶望である。“なぜだ。なにが悪かったんだ。どこで間違えたんだ。教えてくれれば、そこからやり直す”切実な佐伯の言葉が、じわじわと心の奥底まで響く。目の前に広がる厳しい現実を、そう簡単に認めることなど出来ない。目をそらすことが出来るのならば。逃げることが出来るのならば…

 記憶を失ってゆくことを知られるのが恐かった佐伯。彼は、ある時期まで病のことを黙って仕事を続けようとする。たくさんの情報が書かれたメモをポケットにしまい、その情報を頼りに仕事をする。速記者のようにメモをとりながら会議に参加する様、電話での応対や失敗…そういうことに、周囲の者は何かがおかしいと思い始める。佐伯の病状が進むほどに。信用していた者の裏切り、敵のように感じていた者の思わぬ気遣い。そういう変化と共に、佐伯の気持ちも変化してゆく。その様子は、潔くもあり後ろ向きでもある。一方では右と言い、一方では左と言う。2つの思いの間で大きく揺れている。

 “まあ、しかたない。生きられるだけ生きよう”病を受け入れてこんな思いに至るまでには、多くの時間を要する。人はなぜ生きるのか。どう生きるべきか。人生の意味は。生と死とは…そんな問いを嘲笑うように、人の命はそれらとは無関係に生まれ、翻弄され、消えゆく。頭だけで難しく考える必要はない。感じるまま、思うままに。今という時間を大切に生きればいい。この本は、そう語りかけてくれているように思う。そして、こう付け加える。記憶が消えても、私たちが過ごしてきた日々が消えるわけではない。失った記憶は、同じ時間を過ごしてきた人々の中に残っているのだから、と。

4334743315明日の記憶 (光文社文庫)
荻原 浩
光文社 2007-11-08

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログへ←クリック、お願い致します!

|

« わたしがちいさかったときに | トップページ | 僕の双子の妹たち »

10 荻原浩の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。トラックバックありがとうございました。
切なかったですよねえ・・・。でも記憶が消えてもその時間はなくなったわけじゃない、ってのはひしひし感じたので、まだ前向きな終わり方だったような気もします。

うちの会社の上司が平気で会議の日とか忘れるので、メモでも身体にはっとけ!といつも思ってます(笑)佐伯さんは病と立ち向かって懸命なのに、病気でもないのに平気で忘れて平然として。ちょっと許せないですよねー

投稿: ざれこ | 2005.08.19 16:21

ざれこさん、コメント&トラックバックありがとうございます!
ホント切なかったです。思い出しただけで、胸が苦しくなってしまいます。

ざれこさんの上司にそんな方がいらっしゃったのですね。この本にも出てきた痴呆チェックが出来る“長谷川式痴呆テスト”をやってもらって、自覚させるのはいかがでしょう(笑)以前、家族でワイワイ試し合って、結構楽しめましたヨ。

投稿: ましろ(ざれこさんへ) | 2005.08.19 18:16

痴呆って笑えないですね~~・・・・
僕は昔から記憶力に自信がないのですが、最近さらに物忘れが激しくなったような気がして弱ってます。

投稿: るる | 2005.08.20 00:31

るるさん、コメントありがとうございます!
ホント笑えないです。深刻です。私も記憶力には自信がないので、少々不安になります。“長谷川式痴呆テスト”をやると、嫌でも自覚させられますよ…百マス計算やるっきゃないですね。

投稿: ましろ(るるさんへ) | 2005.08.20 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/5507232

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の記憶:

» 「明日の記憶」荻原浩 [本を読む女。改訂版]
明日の記憶posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.13荻原 浩光文社 (2004.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 2005年本屋大賞ノミネート作。 恩田陸もノミネートされているのをすっかり忘れていた私は、 前評判とかでこの本が大賞に違いない、と思い先物読みのつもりで借りてみたのだった。 結果は2位。大賞は恩田陸。あたらずとも遠からず。まあ、そんなことはどうでもいい。 ... [続きを読む]

受信: 2005.08.19 16:15

» 「明日の記憶」 [don't worry!な毎日]
 今日から春休みです。  今日は私の両親の眠るお墓にお参りしてきました。 母の好きな桜の花と、すずらんを飾ってきました。 風が強く、お線香に上手に火がつくかなあ?と想いながら、 墓石をみがいていると、 後ろを通った男性(80歳くらいの方)が、 「この風じゃあ、お線香に火をつけるのが大変だよ。 磨くのは後にして、わしが火をつけてあげるから、 先に線香をあげちゃいなさい」と言い、 秘密兵器のよなすごいライターを取り出した。 私が「ご親切、ありがとうございます。 お願いします」と... [続きを読む]

受信: 2006.03.27 21:24

« わたしがちいさかったときに | トップページ | 僕の双子の妹たち »