« コラージュな午後 | トップページ | さよならアメリカ »

2005.08.31

風味絶佳

20050830_152 ままならない恋愛や人間関係を風味豊かに描いた短篇集、山田詠美・著『風味絶佳』(文藝春秋)。6つの短篇には、いずれも職人的な肉体の技術を生業とする人々が出てくる。気がつけば、普段全く接点のない人々の物語は何だかとても新鮮で、わくわくしながらページをめくっていた。特別に格好いいわけでも、社会派なわけでもない、誰もが関わっているような日常の欠片。食べること、愛すること、死ぬこと…そういうこと。そして、人と人とが向き合う誠実な姿勢を強く感じた。あぁ、きっと、この物語は愛されているのだ。愛されながら、物語は紡がれたのだ。そんなことを漠然と思う。

 表題作の「風味絶佳」。70歳にしてガールズトークをくり広げ、若い必需品(ボーイフレンドのようなもの)を従えて孫の働くガスステーションにやってくるグランマの不二ちゃん。そんな祖母に教育されて育ったせいで、レディーファースト過ぎる青年になってしまった志郎の苦悩が描かれている。例えば、電車やバスに乗ったときのこと。ひとつ空いていたら、祖母に譲る。2つ空いていたら、側に立っている女性に譲る。ようやく自分のための席が空いたと思っていると、別の女性が乗り込んで来る。そんなとき志郎は、世の中に沢山の女性がいることを思い知るのだ。きりがない。それでも、志郎は祖母の教えを守り続けている。

 それから志郎は、たびたび誤解されてしまう。“いつもいつも、私のしようとすること先回りして、うんざり”だとか、“あんた気持ち悪いよ。もうちょっと、男らしくできないの?”とか。どうやら、優しいところが鼻につくらしいのだが、志郎には優しいという意味がわかっていなかった。そんな中、ある日ふと気づく。祖母の言うレディファーストをレディに限定しないことを。それを信条にすると、世の中はなついて来ることを。様々なことを学び、身も心も素直に成長してゆく志郎。そんな孫を、いつでもさりげなく支えている祖母。キツイ口調のようで、深い愛情を感じさせる言葉が魅力的だ。この人は、人を愛する術を確かに心得ている。とても素敵な女性なのだ。そう思う。

 術。この短篇集には、自分の存在を消す術を知っている登場人物がいる。「間食」という話である。自分のいる場所が世界の中心のように振る舞う男性。その男性は、他人の思惑など関係ない様子で、本を開く。飯を食う。話しかけられたときのみ応じる。それなのに、自己主張はない。ただ、しんとしてそこにいる。のちに、内に秘めたものが語られるのであるが、何だかとても惹かれてしまった。寡黙な人物にときめいてしまうのは、人の持つ翳りのようなものが好きだからであろうか。自分自身が、闇を抱えているせいだろうか。まあ、いい。私は6つの物語を、心から楽しんだのだから。

4167558068風味絶佳 (文春文庫 や 23-6)
山田 詠美
文藝春秋 2008-05-09

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログへ←クリック、お願いしてもよいですか?

|

« コラージュな午後 | トップページ | さよならアメリカ »

54 山田詠美の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今晩 わ お元気 ネコの写真飽きません

投稿: いなほ | 2005.08.31 21:02

いなほさん、コメントありがとうございます。
ネコ、夏バテ姿となっております。

投稿: ましろ(いなほさんへ) | 2005.08.31 21:58

はじめまして(´ー`)ノ
ブログ村から遊びにこさせていただきました
素敵なブログですね~
猫ちゃん達も超ラブリー♪ d(⌒o⌒)b♪
うちにはワンコがいます
本の紹介のブログなんですが たまーに
ワンコも登場してます(^^ゞ

山田詠美さんは「僕が勉強ができない」しか
読んだことがないんですよ
この作品面白そうですね
読んでみようかな

「僕の双子の妹たち」もよさそうですね
うち娘達が双子なので おっと思いました

また遊びにこさせてくださいね!

投稿: まめころりん | 2005.09.01 09:03

まめころりんさん、コメントありがとうございます!
はじめまして。来てくださって、とっても嬉しいです。
ワンコを飼ってらっしゃるのですね。
ニャンコ好きだけれど、ワンコも大好きです♪
猫ブログ化していますが、実はときどき犬ブログになることもあるのですよ。

山田詠美さんのこの作品、オススメです。
初期の頃の「風葬の教室」や「蝶々の纏足」が好きなもので、
最近の作品は敬遠していたのですが、予想外に面白くて驚きました。

「僕の双子の妹たち」は、もの凄くオススメ。
双子であっても、この作品ほどそれぞれの人物を細やかに描いている作品は、
あまりないような気がしています。
娘さんが双子なら、私以上に気に入ってくださるのでは。

私も遊びに行かせていただきますね。

投稿: ましろ(まめころりんさんへ) | 2005.09.01 15:23

風味絶佳のレビューを書かれていたので
TBさせていただきましたm(_ _)m

美々ちゃんの言葉です。

投稿: myu | 2005.09.16 23:13

myuさん、コメント&トラックバックありがとうございます!
印象深い言葉がたくさんあって、いい作品でしたよね。
今後も宜しくお願い致します。

投稿: ましろ(myuさんへ) | 2005.09.17 05:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/5720633

この記事へのトラックバック一覧です: 風味絶佳:

» 恋の原材料 [愛って何? 〜ステキな恋愛のために〜]
憐れみに肉体が加わると恋になる。                     山田詠美 『風味絶佳』より [続きを読む]

受信: 2005.09.16 23:09

« コラージュな午後 | トップページ | さよならアメリカ »