« なんとなくな日々 | トップページ | 海の仙人 »

2005.06.09

介助犬オリーブのきもち

20041104_049 ニャンコネタが多いので、たまにはワンコネタで書こうと思う。2002年、盲導犬、介助犬、聴導犬を補助犬としてまとめ、その使用、育成、受け入れに関しての法律「身体障害者補助犬法」ができた。補助犬の理解と普及のために、補助犬の中の介助犬に焦点を当てて、実際に働く介助犬の生活を写真と共に紹介している、本田真智子・著『介助犬オリーブのきもち』(小学館文庫)。3歳半のラブラドール・レトリバーのオリーブの視点で、子犬時代からの様々なエピソードを綴った半生記である。

 介助犬が日本で働きだしたのは、まだ約10年。実際に介助犬として働いているのは、30頭前後だけだという。補助犬の1つである盲導犬の育成が日本で始まってから、40年以上が経つものの、実際に働いている盲導犬の数は、1000頭に届かない。介助犬というのは、身体障害者の日常生活を手伝うように訓練された犬のこと。具体的に言うと、落とした物を拾う。手の届かない場所にある物を持ってくる。ドアや窓の開閉などの仕事をするなどで、ユーザーの希望する作業ができるように訓練される。それに加え、ユーザーとの相性も重要らしい。

 生後約50日で親や姉弟たちと離れ、1年間盲導犬候補の子犬を預かるパピーウォーカーのもとで暮らし、日本盲導犬協会訓練センターに戻り、本格的な訓練が始まる。その前によりよい盲導犬を育成するために欠かせない適性評価が行われる。オリーブの場合は、様々な刺激に対して過度に反応し、自己処理できていないと判断されたが、働く犬になるように繁殖された犬なので介助犬に向くかもしれないと介助犬協会のトレーナーの目にとまった。オリーブと一緒に生まれた3頭のうち、盲導犬となったのは、1頭のみ。他の犬が繁殖犬や家庭犬となっていることを考えれば、盲導犬になることの難しさがうかがえる。

 オリーブのユーザーである山口さんの話によると、介助犬への理解がまだまだ深まっていない現状を痛感させられる。障害を持っていても、一人で自分のことが出来るので、「犬の嫌いな市民もいる」とか「物を落としたら、同僚だって手伝ってくれる」と言われたという。山口さんは、“心ある生き物である介助犬は、常に傍にいて指示に従って手伝ってくれるだけでなく、心を感じ取って考えて行動してくれる”と語る。この“心を感じ取る”という言葉で思い出したのが「危険予知犬・フューチャー」のこと。日本ではまだ1頭しかいないらしいのだが、発作などを起こす前に状況を察知して薬を飲むように教えてくれると紹介されていた。発展途上の段階のようだが、心を感じ取るには、何より人と犬との絆が大切であることを示しているように思った。

4094183817介助犬オリーブのきもち―わたしの職場は市役所です (小学館文庫)
本田 真智子
小学館 2003-07

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログへ←好きになっています!

|

« なんとなくな日々 | トップページ | 海の仙人 »

68 エッセイ・詩・ノンフィクション本」カテゴリの記事

72 犬の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

いやー。気を使わせてしまってスミマセン(^_^;)
このエントリーを読んで、盲導犬クイールの映画を思い出しました。最後に老いて亡くなっていく場面が、とてもかわいそうでした。
ところで、盲導犬って、ストレスをたくさん受けるので、だいたい寿命が短いそうですね。やはりワンちゃんも生き物ですから、過度なストレスには悪い影響を受けてしまうのでしょう。
盲導犬と一緒に生活されている方には、仕事が終わったら、たくさんかわいがってあげてほしいと思います。

投稿: デミアン | 2005.06.10 19:36

デミアンさん、コメントありがとうございます!
いえいえ。この本、結構好きなのですよ。うちの姫であるアリア(7月で1歳)も載せられたので、私的にはご機嫌です。きかっけをくださったデミアンさんに感謝です。
盲導犬クイールは、私も観ました。映画もドラマ版も。ドラマ版の方が、細やかな印象でしたけど。いいですよね。
この本を読むまでは、補助犬の寿命は短いのだと思っていたのですが、最近の調査では平均寿命よりも0.3年も長いとか。健康管理がきちんとなされているのと、24時間ユーザーと一緒にいられることが犬にとってはよいらしいです。時代とともに変わっているのかもしれませんね。

投稿: ましろ(デミアンさんへ) | 2005.06.10 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/4488336

この記事へのトラックバック一覧です: 介助犬オリーブのきもち:

« なんとなくな日々 | トップページ | 海の仙人 »