« 自殺自由法 | トップページ | 赤い蝋燭と人魚 »

2005.06.20

ペンギンの憂鬱

20050618_022 憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家のヴィクトルのミステリアスで不条理な世界を描いた物語である、アンドレイ・クルコフ著『ペンギンの憂鬱』(新潮社クレスト・ブックス)。ある日、新聞社から死亡記事を書く仕事を依頼される主人公ヴィクトル。けれどそのうち、まだ生きている大物政治家や軍人、財界人の追悼記事を書いておくように指示される。記事を書き終えるそばから、大物たちは次々と死んでいくようになり、不可解な様々な出来事に巻き込まれていく。

 この主人公、宙ぶらりんな男である。動物園からひきとったペンギンのミーシャと暮らすようになっても、さらに孤独が重なって互いを頼り合うように生きている。ペンギンというのは、本来は集団で生きる動物のため、1羽離されたミーシャは鬱で心臓が悪い。そんな寂しい生活に、2人の人物が加わる。けれど、ひょんなことから預かることになった少女とも、そのベビーシッターのニーナとも、どことなく一定の距離を保っている。愛もないのに寝てしまったニーナに対して責任や家族ごっこを奇妙だと感じながら、心の声は最後まで「何かが違う」と言っているようなのだ。その迷いや戸惑いが、人間味があって好印象なのだけれど。

 その他、この物語は、最後まで読んでも謎は謎のままになっている部分があまりにも多い。物語の途中で、ヴィクトルはその謎に対する興味を失ってしまっているのだが、読み手側はいつまでも気になってしまう。そこが、物語の余韻をいつまでも感じる要因のひとつなのだろうが。鍵のかかった部屋(途中で鍵を取り換えたのにもかかわらず)に、なぜ人が進入した形跡があるのか。ヴィクトルのこれからの行方はどうなるのか。ペンギンのミーシャは、果たしてどうなったのか。追悼記事に終わりはあるのか。永遠にゲームのようなかけひきが続いていくのか。挙げていったらきりがない。

 そう感じる読者が多かったらしく、続編があるらしいことが訳者によるあとがきでわかる。早く日本でも出版して欲しいものだと思う。そして、この物語がソ連崩壊後のウクライナが独立した際の犯罪が横行してマフィアが活躍した時代を寓意的に示していることや、作品の舞台となっているキエフという都市の過渡期を描いていることがわかる。また、囚われの身(動物園)から解放されたものの、本来のいるべき場所(南極)にいるわけでもないペンギンのミーシャの環境と、ヴィクトルの置かれた状況そのものを象徴的にあらわしていることも。そういうことを知らなくても充分楽しめる小説なのだが、それらを知った上で再読してみたら、また違う新しい発見がありそうだ。

4105900412ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)
沼野 恭子
新潮社 2004-09-29

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログへ←励みになってます!

|

« 自殺自由法 | トップページ | 赤い蝋燭と人魚 »

64 海外作家の本(その他&分類不可)」カテゴリの記事

65 新潮クレスト・ブックス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ましろさん、はじめまして。
この本、私も大好きです。
ペンギンのミーシャのその後、本当に気になりますよね。
続編の「カタツムリの法則」が早く出版されてほしいです。

投稿: 空猫 | 2005.06.21 14:00

空猫さん、コメント&トラックバックありがとうございます。
続編は、「カタツムリの法則」というタイトルなのですかぁ…とっても楽しみです。
海外小説は苦手なのですが、久しぶりに楽しく読めたような気がします。

投稿: ましろ(空猫さんへ) | 2005.06.21 22:04

ましろさん、こんにちは!
コメント&トラックバックありがとうございました。
私も「カタツムリの法則」がすごく気になってます。
ほんと謎がいっぱい残っちゃいましたものね。
私もヴィクトル同様、ある部分の謎はどうでもよくなってしまったんですが(アレレ)
少なくともミーシャとヴィクトルががどうなったのか、それだけでも知りたいです!

投稿: 四季 | 2005.08.11 10:16

四季さん、コメント&トラックバックありがとうございます!
ホント謎が多いですよね。
ヴィクトルが謎に対してどうでもよくなってしまっているので、読み手ばかりが気になっているのもどうなのだろう…なんて、思ってしまいますが。
私もミーシャとヴィクトルの行方だけは、知りたいです。

投稿: ましろ(四季さんへ) | 2005.08.11 17:29

こんばんは、TBさせていただきました。
「カタツムリの法則」って続編だったのですね〜。私の中ではヴィクトルの選択はある意味しょうがないかも…
というかあれで完結したような感じだったので、別の話なのだと思ってました。
それでもペンギン同様今度はカタツムリをどう登場させるんだろ〜と気になってたのでぜひ読んでみたいと思ってたんですけど。
でも読み終わって余韻から覚めて真っ先に思ったのが、はっミーシャは?!どうなるの〜〜??だったので、
続編ならますます読まねば!という気持ちです。

投稿: banri | 2006.05.31 20:17

banriさん、コメント&TBありがとうございます。
とっても嬉しく受け取りました!
わたし、実はまだ読んでいないのです。
“ミーシャ、どうなるのー?”っていうお気持ち、
すごく頷けます。あの余韻だからよいのか、はて。
「カタツムリの法則」。早速読まねばなりません。
読みたい本がどんどん増えてゆく…

投稿: ましろ(banriさんへ) | 2006.05.31 22:58

ましろさん、こんばんは!
謎がいっぱいで一向に収束する気配のなさに
不安を感じながらも目が離せない魅力的な作品でした。
ミーシャが殊更愛らしくて!
「カタツムリの法則」って出版されているのかしら??
だとしたら早く読みたいですね。
新潮クレスト・ブックスは良質の小説揃いで
ますます気になっています。

投稿: リサ | 2006.10.12 21:56

ましろさん~
TBが上手く反映されないようなので、
また改めてTBいたしますね。
TB成功しましたらこのコメント消して下さいませ。

投稿: リサ | 2006.10.12 22:00

リサさん、コメントありがとうございます!
これはホント、謎に引き込まれましたよね。
「カタツムリの法則」はどうなんでしょう?
検索でも見つからないのですけれど…。
この作品で、わたしはかなり海外作品が好きになりました!
新潮クレスト・ブックス。未読作品がまだまだ多いですが、
カテゴリーを作っちゃうほどにオススメです!

投稿: ましろ(リサさんへ) | 2006.10.13 00:31

リサさん、TBの件。すみません!
ココログはJUGEMのTBをどうも受けつけないようで…
以前から問い合わせているんですが…どうしてなんでしょう。
申し訳ないです!また懲りずに宜しくお願い致します!

投稿: ましろ(リサさんへ) | 2006.10.13 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/4638719

この記事へのトラックバック一覧です: ペンギンの憂鬱:

» ペンギンの憂鬱 [空猫の読書]
ペンギンの憂鬱アンドレイ・クルコフ 沼野 恭子新潮社2004-09-29売り上げランキング 1,133おすすめ平均 Amazonで詳しく見るby G-Tools 売れない小説家ヴィクトル。彼は動物園から憂鬱症のペンギンを引き取り、一緒に暮らしている。ある日、新聞社から死んでいない...... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 14:01

» 「ペンギンの憂鬱」アンドレイ・クルコフ [Ciel Bleu]
 [amazon] [bk1] 鬱病のペンギン・ミーシャと一緒に暮らしている、売れない作家の物語。 ソ連の崩壊後に独立したウクライナの首都・キエフが舞台で、まだ... [続きを読む]

受信: 2005.08.11 09:56

» ペンギンの憂鬱 [日々是好日]
 90年代、ソビエト崩壊後のウクライナ・キエフ。売れない短編小説家のヴィクトルは、1年前からエサをやれなくなった動物園からもらい受けたペンギンと暮らしている。恋人に去られたば [続きを読む]

受信: 2006.05.31 19:54

« 自殺自由法 | トップページ | 赤い蝋燭と人魚 »