« 海の仙人 | トップページ | 自殺自由法 »

2005.06.13

人魚の嘆き

20050610_053 南京の貴公子の美しき人魚への讃嘆を描いた、谷崎潤一郎・著『人魚の嘆き・魔術師』(中央文庫)。年が若く、金があり、由緒ある家門の誉を受け継いだ孤児である貴公子は、世にも珍しい美貌と才智とに恵まれていた。彼の持っている夥しい資財や、秀麗な眉目や、明敏な頭脳などの1つを取って比べても、南京中の青年のうちで彼に匹敵する者はいなかった。彼は世の中の放蕩という放蕩、贅沢という贅沢の限りし尽くして、何か面白いことはないかと探していた。そこへ、人魚を連れたオランダ人の男が訪ねてくるのである。

 とても短い物語なのだが、ぎゅっと濃縮されて考え尽くされた文章で最初から最後まで一気に読ませる。大正6年の作品なので、読みにくい表現や言葉があるものの、無駄のない古風な文体がとても心地よい。ビアズレーの「サロメ」を模したという装画が、物語の艶めかしい妖しさをさらに深めてくれる。残念なのは、主題である「美を得るためには地の崖まで追い求め、身を滅ぼすことも厭わない」ということが、ぼんやりと曖昧にしか伝わってこないこと。それは、きっと時代のせいなのかもしれない。

 そして、最も印象深いのは、物語全体に漂う美意識である。谷崎潤一郎が、特に男性への美を繊細に綴っているのは意外だった。“その異人の持っている緑の瞳は、さながら熱帯の紺碧の海のように、彼の魂を底知れぬ深みへ誘い入れます。又、その異人の秀でた眉と、廣い額と、純白な皮膚の色とは、美貌を以て任じている貴公子の物よりも、遙かに優雅で、端正で、しかも複雑な暗い明るい情緒の表現に富んでいるのです”と。白人崇拝、西洋への深い憧れが言わせた言葉なのだろうが、そうではなくて…とも取れる気がしてしまう(考え過ぎ?)。

4122005191人魚の嘆き・魔術師 (中公文庫)
谷崎 潤一郎
中央公論社 1978-01

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログへ←励みになってます!

|

« 海の仙人 | トップページ | 自殺自由法 »

35 谷崎潤一郎の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

挿絵に恋をして、僕も購入しました。
凛とした挿絵が綺麗です。
もっと挿絵のある文庫本が欲しいです。

投稿: 野島 | 2005.08.11 11:43

野島さん、コメントありがとうございます。
挿絵のある文庫本と言えば、ライトノベルばかりですよね。
文豪と呼ばれる作家の作品に美しい挿絵があると、私もとても惹かれます。

投稿: ましろ(野島さんへ) | 2005.08.11 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/4543900

この記事へのトラックバック一覧です: 人魚の嘆き:

« 海の仙人 | トップページ | 自殺自由法 »