« チョコリエッタ | トップページ | 水の繭 »

2005.05.17

イッツ・オンリー・トーク

20041128_027 引っ越そうと電話線を抜こうとしたその時、別れ話をもちかけられる。コミュニケーションとして、誰とでもつい寝てしまう。合意のもと、出会い系で知り合った痴漢と付き合っている。いとこから自殺予告メールがくるなど、異色な出来事盛り沢山の絲山秋子・著『イッツ・オンリー・トーク』(文藝春秋)。主人公は、躁鬱病を抱えた画家。貯金を崩しながら生活している。登場人物もED(勃起障害)の議員、話の判る痴漢、鬱病のヤクザ、元ヒモのボランティア、ウジュジュジュと笑う同級生…と個性的な面々。

 この変わった物語をどのように読んだものかと考えていたのだが、あまりにもすんなりと気持ちが入り込めてしまった。あれっと感じるヒマもなく、読み手の心をぐっとつかんで離さない。休ませない。何もかもがさらっとしたおもしろさで、なにげない日常のように思えてしまう。決してなにげないわけでも、日常的なわけでもないはずなのに。それはきっと、読ませる力というものが至る所に潜んでいるからだろう。

 それから、主人公の性の乱れというか、現代的な性だというべきか、そういうところも好ましく読めてしまったのには驚いた。読み手それぞれの好みによるのだと思うけれど、少なくとも私には不快な気持ちや疑問などは生まれなかった。誰しも片隅に持っている感情や欲望のように受け取った。人間だもの、みんなどこかで考えてるでしょ思ってるでしょという感じで。“変態だろうがフェチだろうがEDだろうが二人が会話できる気持ちのいいことだけをすればいい”という主人公の思いに気がつくと頷いていた。だからといって、人との微妙な距離感を測り合うコミュニケーションが面倒だからさっさと寝てしまえなどとは思わないけれど。

 他に収録されている『第7障害』は、『イッツ・オンリー・トーク』とは、おもむきが異なる作品。同じ作者だという色を感じさせながらも、ほんのり心がじんとなるお話となっている。馬術大会での事故で、馬を死なせてしまったという思いをぬぐいされずにいる女性の物語。過去の罪悪感だけが悲壮に描かれるのではなくて、かつてのライバルである男性との心の通わせ合いが愛おしくせつなく描かれている。同居している女性の陽気さ(ときにはねたましいという感情もあるのだが)も、魅力的に描かれる群馬の風景も心地よい。
  

4167714019イッツ・オンリー・トーク (文春文庫)
絲山 秋子
文藝春秋 2006-05

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…
にほんブログ村 本ブログへ

|

« チョコリエッタ | トップページ | 水の繭 »

03 絲山秋子の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>“変態だろうがフェチだろうがEDだろうが二人が会話できる気持ちのいいことだけをすればいい”

そ、それはいくらなんでも言い過ぎでは・・・(^_^;)
小説はあくまで小説ですので、ましろさんは健全な恋愛を。

投稿: デミアン | 2005.05.17 22:04

デミアンさん、コメントありがとうございます。
そうですよねぇ。この言葉だけ聞くと確かに言い過ぎですよね。この小説を読むと、どんな方にも愛すべきところがあるように感じてしまって…“話の判る痴漢”が好きになってます(笑)いけないと思いつつも。完全にはまってますね、私。

投稿: ましろ(デミアンさんへ) | 2005.05.17 23:01

こんにちは☆
これ、読みたいんですよねぇ。
ずっと図書館で探してるんですが、出会えないんですよ~。
でも買おう!とまでも思えず…。
あ~、だけど面白そう!ですよねぇ…。
う~ん、でも、まぁ、出会える運命のその日まで、楽しみに取っておこうと思います。(笑)

投稿: ゆら | 2005.05.18 11:24

ゆらさん、コメントありがとうございます。
ホント、面白かったですよぉ♪予想していた以上に。
どうか出会えますように!
ゆらさんの読まれた『逃亡くそたわけ』も、ぜひ読んでみたいと思っております。
タイトルからして、いい味で。ますますはまってしまいそうです。

投稿: ましろ(ゆらさんへ) | 2005.05.18 14:09

『雑食レビュー』のおおきと申します。
TBさせていただいたので、ご挨拶に伺いました。

明らかに普通ではないことを書いているのに、意外に抵抗なく入り込んでしまうのが、著者の力量というか文体というか、そういう感じなのかなあ、と思ってます。
ちょっとお気に入りの作家になりそうです。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: おおき | 2005.06.10 22:18

おおきさん、コメント&トラックバックありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願い致します。

私もこの本で、お気に入りの作家さんになりました。3冊読みましたが、“もっともっと”という気持ちになっています。
おおきさんのおっしゃるように、著者の力量や文体のなせるワザなのかもしれませんね。

投稿: ましろ(おおきさんへ) | 2005.06.11 22:44

こんばんは、ましろさん。
前回コメントより早5ヶ月。
やっとやっと!図書館で出会えました。(笑)
TBさせてください。

投稿: ゆら | 2005.10.11 01:50

ゆらさん、コメント&トラックバックありがとうございます!
おぉー、読んだのですね。
出会えてよかったです♪
記事、じっくり読ませていただいますね。

投稿: ましろ(ゆらさんへ) | 2005.10.11 06:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/4167043

この記事へのトラックバック一覧です: イッツ・オンリー・トーク:

» イッツ・オンリー・トーク [雑食レビュー]
イッツ・オンリー・トーク絲山 秋子文藝春秋 2004-02-10売り上げランキング : 24,830おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 蒲田に住もうと思い立って、住む場所を決めて引っ越しという日の朝、男に振られた女、橘優子。世間から半ばドロップアウトしたような形で画家という道を歩んでいる彼女の周りには、なかなか妙な男たちばかりがいる。そういう男たちとの関わり合いを描いた短編。他一編収録。 ... [続きを読む]

受信: 2005.06.10 22:06

» 「イッツ・オンリー・トーク」 糸山 秋子 [白百合姉妹]
文学界新人賞を受賞した表題作(デビュー作)と、短編「第七障害」を収録。 表題作の方は芥川賞候補作に挙げられたが落選した。(ノミネート時の受賞作は吉村萬壱の「ハリガネムシ」) 「イッツ・オンリー・トーク」の主人公は、元新聞記者で精神病になったことをきっか... [続きを読む]

受信: 2005.06.11 11:08

» 「イッツ・オンリー・トーク」絲山 秋子 [図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜]
「イッツ・オンリー・トーク」絲山 秋子(2004)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、文芸、文学、文学界新人賞 ここのところ、ネットのぼくのまわりで話題の作家。幾編かを読んでいるが、本作が彼女のデビュー作。第96回文学界新人賞受賞。本書は表題作「イッツ・オンリー・トーク」「第七障害」の二作からなる。 「イッツ・オンリー・トーク」舞台は蒲田。とくに理由もなく、山手線で路線図を見て、引っ越しを決めた。引っ越しの朝、男に振られた。それだけのこと。 引っ越した蒲田の街で、..... [続きを読む]

受信: 2005.07.23 06:26

» 「イッツ・オンリー・トーク」絲山秋子 [AOCHAN-Blog]
タイトル:イッツ・オンリー・トーク 著者  :絲山秋子 出版社 :文藝春秋 読書期間:2005/07/23 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 引越しの朝、男に振られた。東京・蒲田−下町でも山の手でもない、なぜか肌にしっくりなじむ町。元ヒモが居候、語り合うは鬱病のヤクザに痴漢のkさん。いろいろあるけど、逃げない、媚びない、イジケない、それが「私」、蒲田流。おかしくて、じんわり心に沁みる傑作短篇集。第96回文学界新人賞受賞。十年に一度の逸材、鮮やかな... [続きを読む]

受信: 2005.08.01 14:20

» イッツ・オンリー・トーク  絲山秋子 [ゆらbooks]
イッツ・オンリー・トーク 表題作の『イッツ・オンリー・トーク』。洒落たタイトルに都会的なお話を連想していたのですが、舞台は蒲田。下町です。でもって、なんとも独特な空気の漂うお話でした。 主人公・優子は精神を病んだ絵描きさん。あぁ、なんか芸術家っぽい....... [続きを読む]

受信: 2005.10.11 01:52

« チョコリエッタ | トップページ | 水の繭 »