« 白河夜船 | トップページ | Lyrical Murderer »

2005.02.19

もう切るわ

20050815_44148 本屋の文庫の並ぶ棚を一冊一冊眺めていたら、井上荒野著『もう切るわ』と出会った。私に強烈な印象を与えたタイトルと大好きな角田光代の解説。読まなければいけない本だと手にとって数秒で思った。どうやら作者は児童書の翻訳家として活躍している方であり、4年前に出版されたこの本が初めての長編恋愛小説であるらしい。

 木暮歳というひとりの男を中心に描かれる物語は、2人の女性がかわるがわる物語を進めていく。西口という愛人のいる木暮の妻・梢子と木暮の愛人である若い女性・葉。ありふれた三角関係が、男の不治の病により変化してゆく。死を宣告された男との関係を読み進めれば読み進めるほどに、心をかき乱される不思議な小説である。

 男の妻が<私>で、恋人が<あたし>であるという以外に、語り手が誰であるのかわかる術がない。そのせいか、詠みはじめの頃は小説の内容やストーリー展開や登場人物について理解しがたい。この気持ちは誰の気持ちだろう。妻かもしれないし、恋人かもしれないし、両方かもしれないし…なんてことを考えてしまう。

 作者によるあとがきによれば、読者が混同してしまうことは作者の狙いの1つであったことがわかる。「してやられた」という悔しい感覚に陥る読者である私。たぶん他の方々も。作者は「誰の心の中にも、迷路があり、その存在に気づいた瞬間に、ひとつの道を選ぶたびに、もう1つの道が増えて、迷路はどんどん複雑になる」と言う。

 そして、この小説は「嘘や真実の無数の宇宙に繋がっている万華鏡のような迷路それ自体を、ただ静物画のようにスケッチしてみたかった」のだそうだ。その言葉を象徴するように、この小説には緻密な描写が全くない。それなのに小説の中の世界は読み手の頭の中にイメージできてしまう。読み手によって全く違うイメージになるのかもしれないけれど…例えば妻から見た木暮と恋人から見た木暮、木暮のいるホスピス、アイスキャンディーの色、木暮の住まいの周辺だとか…そういったものが読み手に細かなイメージを委ねているのである。

 木暮をとりまく梢子と葉・2人の女性をときおり襲ういたたまれない心の痛みがじんわりと伝わってくる。これを理解するのはとても難しいことである。なぜ?という疑問ばかりがどうしても私には浮かんでしまうのである。どうして別れないのか、どうしてこの時に会わないのか、どうして手放さないのか、どうして言わないのか…といくつもいくつも疑問が私の中で生まれてくる。

 こういう気持ちが理解できないのは、私が本気で人を好きになったことがないからなのかもしれないとすら思ってしまう。この三角関係には憎しみも妬みもない、静かなものであるからかもしれない。誰も責めないし、誰も感情的になることがない。ひとりの男を取り巻く時間は穏やかである。

 男の死後も生きている人間に、日々は残酷にも続いてゆく。梢子には梢子の、葉には葉の、読者には読者の。小説の外に出ても、いつまでも残るこの余韻は何だろう。じわじわとした思い。生きていくということ、誰かを愛すること、それらをこの小説が教えてくれた気がした。

4334737692もう切るわ (光文社文庫)
井上 荒野
光文社 2004-10

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

|

« 白河夜船 | トップページ | Lyrical Murderer »

04 井上荒野の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

うーん、読みたいです。
探してみます。
ありがとう。

投稿: ヒロト | 2005.02.19 19:37

ヒロトさん、コメントありがとうございます。
記念すべき初コメント♪嬉しいです!
すごーくマイナーな本ですが、
読みたいと思っていただけて
書いた甲斐がありました。
こちらこそ、ありがとうですよぉ。

投稿: ましろ(ヒロトさんへ) | 2005.02.19 23:17

ご無沙汰しております。桜井です。
久々に読み終え、TBする余裕ができましたので、ましろサンのところへもお邪魔しました。
この本、マイナーですがなかなか読み応えがありました。
井上荒野にはなぜか惹かれてしまい、手に取ってしまうのです。
読後感がいいとは思えないのですが、どうしても読んでしまいます。
要は、ハマっているんでしょうね[笑]。
気になる作家が増える今日この頃ですが、全く読書できていません。
更新は牛歩状態ですが、これからも宜しくお願いします。

投稿: 桜井 | 2006.05.04 11:35

桜井さん、コメントありがとうございます!
お久しぶりです。その後、いかがでしょうか。
TBの方は届いていないようですが…こちらの不具合でしたら、ごめんなさいです。

井上荒野さん。いいですよね。
わたしも惹かれる作家さんです。
でも、最近触れずにいる作家さんでもあります。
この「もう切るわ」からはまって、だだだっと読んだのですが。
未読作品を手に取れば、また熱が復活するかもしれませんね。

投稿: ましろ(桜井さんへ) | 2006.05.04 21:54

今日拝見しました!
再度TB送ってみましたので・・・
すみません。
私の方も不具合があったりするようです。

投稿: 桜井 | 2006.05.07 13:44

桜井さん、こんばんは。
またうまくいかなかったようで…。
スパム対策のせいでしょうか。
うーん、どうにもわからないです。すみません。

投稿: ましろ(桜井さんへ) | 2006.05.07 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/2990400

この記事へのトラックバック一覧です: もう切るわ:

» ゆうべの読書 [Et maintenant]
「もう切るわ」 井上荒野 :光文社文庫 妻である「私」と、愛人の「あたし」が交互に一人称となって語られる愛の話。男が不治の病にかかったことで、3人の関係とそ... [続きを読む]

受信: 2005.02.26 09:00

« 白河夜船 | トップページ | Lyrical Murderer »