« 「村上春樹」が好き! | トップページ | とらちゃん的日常 »

2005.01.06

パン屋再襲撃

IMG_0045-1 今朝起きたら、テーブルに5冊の本が置いてあった。安部公房、稲垣足穂、村上春樹の本であった。軽く15年以上も前に本屋で買われ、読み込まれた佇まいの本たち。紙は黄ばんでいるし、所々ページが折られているし、正直汚いし、古いし…そして、何より兄の匂いを放っていた。私はこういうのを「兄臭(あにしゅう)」と呼んでいる。兄に懐いている黒猫トキワは、毎晩兄と一緒に寝ているので結構な兄臭がする。そういうときは例えば、「いやー、何かトキワって兄臭がするぅー」というふうに使うのである。まあ、それはいいとして、今日はこの兄臭のする本たちの中から、村上春樹著「パン屋再襲撃」を読むことにした。

 深夜に異常なまでの空腹感を覚えて目を覚ました「僕」と「妻」。あいにく冷蔵庫には缶ビールとひからびた玉葱しかない。そんな中で、過去に同じような強烈な空腹感を覚え、相棒と2人でパン屋を襲撃したことを「僕」が思い出し、「妻」に話す。その襲撃の際、パン屋の主人がワグナーのレコードを最後まで聴くことを条件に出し、パンを手に入れることに成功。その後、なぜか様々なことが「呪い」をかけられたようにうまくいかなくなり、「僕」と相棒も別れることになってしまったと。すると「妻」は、その「呪い」を解くために、もう一度パン屋を襲撃しようと言い出すのである。

 何とも不思議な喉ごしの話であった。読んでいるうちに、私もなぜか空腹感を覚えてきてしまった。そう言えば、今日は昼食を食べていなかったなぁと思い出した。あぁ、パンが食べたいかも…大学で売っていた「赤ちゃんのおしり」がもう一度食べたい。このパン、一個120円で白くて柔らかくて中身は生クリームとあんこなのである。絶妙な組み合わせで口の中でとろけてしまう。安い、おいしい、くせになる。

4167502011パン屋再襲撃 (文春文庫)
村上 春樹
文藝春秋 1989-04

by G-Tools

もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…クリック宜しくお願いします!

|

« 「村上春樹」が好き! | トップページ | とらちゃん的日常 »

51 村上春樹の本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55029/2493432

この記事へのトラックバック一覧です: パン屋再襲撃:

« 「村上春樹」が好き! | トップページ | とらちゃん的日常 »