18 倉橋由美子の本

2008.02.23

聖少女

20070109_555006_2 狡猾な少女の罠に呑み込まれるようにして、わたしはしばしその迷宮に浸り込んだ。少女を、少女とたらしめるもの。その聖性。自らすすんである種の禁忌を犯してまでも、聖女にまでならんとする、その独特の感覚というものの矛盾。そこまでして、少女であらんとする切実なる思い。そういったものたちが脳内を掻き乱すのを許して、倉橋由美子著『聖少女』(新潮文庫)に読み耽ったのだった。少女はいつまでも純真無垢なままの少女ではいられない。やがてはその性に目覚め、血を流すことにも慣れ、ゆるやかな衰退という下降線(それを幸福とも呼ぶ)をたどらねばならない。これは、その、ゆるやかな下降線に対する淡き抵抗と呼ぶに相応しい物語であると言ってよいだろう。

 物語は、あるひとつの性愛のかたちを浮かび上がらせる少女小説であるとも言える。事故で記憶を喪った未紀が綴っていたノートには、「パパ」と呼ばれるほど歳の離れた男性との恋愛について詳細に書かれていた。未紀の婚約者である語り手のKは、その内容に近親相姦的な匂いを嗅ぎ取り、真偽を確かめようとするのだが、それはかつて近親相姦の関係にあった、KとKの姉との記憶を呼び起こすものだった…。物語は、ふたつの近親相姦的関係を描きながらも、ひとつは聖のものとして、もうひとつは俗のものとして描いており、読み手はその対照的なふたつの関係性を紐解いてゆくことになる。それはまるで、ミステリの謎解きのようでもあるのだ。

 性愛ということをひどく嫌悪する少女がいる一方で、性愛を武器に少女であることを主張する物語上の少女は、ある意味で選ばれし少女の、最後の手段を用いたように思える。やがて、俗物と化すことを知っているがゆえのあがきとでも言おうか。どうにもこうにもままならない現実と、じりじりと擦り寄ってくる俗物への嫌悪感、そして何よりも少女でいられる時間の儚さに対する畏れというものを感じる。著者曰く“不可能な愛である近親相姦を、選ばれた愛に聖化すること”は、一瞬のうちに駆け抜ける少女のときの中の、煌めきのようなものではないかと思うわたしだ。そうして、刻一刻と迫り来るおしまいの日までの、力の限りの抵抗の証であるとも思うのだ。

4101113092聖少女 改版 (新潮文庫 く 4-9)
倉橋 由美子
新潮社 2008-01

by G-Tools

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ←励みになりますので、宜しければクリックお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.25

ポポイ

20070109_026_1 ニュートラルな領域を侵す、無機質なものと有機的なもの。保ってきたバランス。それらが少しずつ傾きはじめ、侵食されてゆく。なまあたたかな人肌と、そうでないもの。そして、より人間的であるものを求めて。無意識に。或いは、意識的に。ゆっくりと。でも確実に。倉橋由美子著『ポポイ』(新潮文庫)。この作品は、最新の医療技術によって生かされている首を世話することになった舞の、奇妙なる日々を描いたものだ。ニュートラルな立場を貫いてきたはずの彼女の心の変化や、首をめぐる人々の語り、その人間模様が心地よくも不気味に展開されてゆく。謎に包まれた物語は、読み手の中にもするりと入り込んで、わたしたちのバランスまでも、侵してゆくような気がしてくる。

 政界で権力を握る元首相の邸宅。そこにテロリストが入り込み、切腹した。テロリストの一人である青年は、胴体から首を切り離されて生かされる。首だけとなった青年は、元首相の孫娘である舞によって世話される中、その脳内を研究されることになるのだった。脳だけで生きる青年に、悲嘆を表すギリシア語の感嘆詞の1つである“ポポイ”という名前をつけた舞は、自分なりのやり方で、ポポイから言葉や心情を引き出そうと試みる。ポポイの状態は、機械で生かされている、いわば植物人間状態。そこで読み手は、人としてのあるべき姿について考えずにはいられなくなる。21世紀を舞台にしたSF的な世界ながら、著者の色というものを感じる作品である。

 この『ポポイ』。もともとラジオドラマのために書かれたテキスト。作品の中には、聴覚をやわらかに刺激する音楽があふれている。とりわけポポイが気に入り、舞が心地よく眠りに就いたドビュッシーのピアノ曲は印象的だった。脳の機能回復には効果がないにしても、脳が喜ぶような音がこの世界にあることが、たまらなく愛おしい気持ちになる。「ベルガマスク組曲」や「前奏曲集」、「子供の領分」など、肌触りのやわらかな音色は、まどろみを包んでくれるだろうと読んでいても感じられる。音楽を語彙で表現し尽くされた気がするほどに。読みながら音に身をたゆたわせて、今夜の眠りが穏やかであることを願ったわたし。いい読書をした。素直にそう思う。

4101113149ポポイ
倉橋 由美子
新潮社 1991-04

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007.03.14

パルタイ

20050227_9999014 ぽつぽつと降り出した雨のほのかな熱を、心の奥底で感じた気がした。まだ何の混ざりものもないくらいに透明なそれは、するりと染み込み、淡くも確かなしるしを残してゆく。いつか乾くことに怯えながら、じわじわとスピードを上げて。ときどき、傷を腫らすように。じくじくっと染みゆくのだ。倉橋由美子著『パルタイ』(新潮文庫)は、わたしにとってそういうイメージを呼ぶ作品だった。確かな感性を含む内省的な語り。そこにある、若者の過剰な自意識とそれによる羞恥心、孤独、不毛なる行為の数々による虚しさなどを、冷ややかな視線で捉えてゆく。そして、そんな深い憎悪の感情は、在ることを否定し、存在そのものへの恥を痛いほどに感じさせる。

 表題作「パルタイ」。ドイツ語で党を意味するこの言葉は、物語の象徴と言えよう。パルタイに属する<あなた>のすすめによって経歴書を作成し、それが受理されると、今度はパルタイから出るための手続きをはじめようとする、そこまでの過程が描かれている作品だ。ここでの不毛な性愛や、身も心も拘束されることの滑稽さは、現実離れしつつも、どこか読み手に危機感を与える。普段何気ないことながら繰り返す、強がりのようなもの。或いは、自分を省みて思うことの核。その何とも言えぬ恥ずかしさを、じんじんと痛感させられる内容なのだ。そして、内容は違うものの、他の4編にも通ずる匂い、雰囲気が、始終漂って心を揺さぶるのだった。

 細かなことはわからない。でも、わたしが感じるのは冒頭のような“ぽつぽつと降り出した雨”であり、その透明さやほのかな熱であった。まだ様々なことを受容する余裕を持ちながら、透明さを保ち続ける色。それでいて、淡くも確かなしるしを読み手の心に残すような、そんな描き方。そこには純粋に心から感動を思わずにはいられない。なんといったらよいのか、とにかく心を動かすのだ。その動きの核となる部分、人の精神というものまでも強く激しく揺るがすようなものなのだ。感性だけじゃない。それ。つまりは知的にも美的にもとんだそれ。その創造の世界、エネルギーというものに、わたしは多分圧倒されたのだと思う。強く。とても強く。

4101113076パルタイ
倉橋 由美子
新潮社 1978-01

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.11

よもつひらさか往還

200609088_9494023 とどまることを知らない美しきものたちが、その醜態を晒すとき、得体の知れないものたちが蠢き始める。そうして息を呑む光景は、呼吸を忘れたわたしに囁きかける。酔狂になれ。その世界を知れ、と。思い出したように慌てて呼吸を取り戻し、はぁと、1つ。ふぅと、1つ。ため息と安堵の混ざった、奇妙なるものを吐き出したわたしは、めくるめく活字の渦に酔わされるのだった。倉橋由美子著『よもつひらさか往還』(講談社、講談社文庫)は、そんな感覚を耽読できる作品だ。口の中に広がる、甘くも切ない未知なる味と共に、この世とあの世を行ったり来たりして楽しむ極上の世界は、なんとも不思議な読後感。現実をついぞ忘れるほどに読ませてしまう、連作短編集である。

 物語は、あるクラブを継承することになる、少年・慧君の幻想的で性的な冒険の数々と言ったらよいだろうか。バーテンダーの九鬼さんの作る不思議なるカクテルによって、慧君は特別な体験を重ねてゆくのである。タイトルにある“黄泉平坂(よもつひらさか)のぼりおり”という言葉からもわかるように、特別な体験とは、この世とあの世の往来であり、時空を越え、人間という輪郭をも曖昧にして、まどろみの中を堪能するようなものである。そして、欲望のままに宴なるものを愉しむのだ。まさに、お酒の世界そのものだと言えるのではないだろうか。いや、それ以上のものかもしれない。知と性と生。それを感じる酒の遊びが、現実を忘れて展開されてゆくのだから。

 この慧君。少年という設定ながら、なんとも博識な人物である。ときには歌を詠み。様々な文献から言葉を引用する。そして慧君に負けず、さらなる知識を披露するバーテンダーの九鬼さん、祖父にあたる入江さんと、その夫人にあたる桂子さんなどなど、なかなか興味深い人々がいる。とりわけ、九鬼さんにいたっては、その存在感は強すぎるほど強いもので、名前のごとく鬼にもなれば、不死身にもなる。奇術師にもなれば、入江さんの分身的な役割も努めるのである。そして、慧君を導き、助け、男としての術を教え込んでゆくのである。酔狂なるものが、好ましいか好ましくないかは別にして、物語はいろんな世界をいろんな角度から楽しませてくれる。

 さて、わたしは「酔狂になれ」と囁かれたものの、「その世界を知れ」には応えたつもりだが、この物語に寄り添い過ぎることは控えておいた。何しろ、酔狂なるイメージというものは、お固いわたしの中では、やはり男性的なイメージがあり、それをお酌しているのが女性という、構図が出来上がっているからである。また、慧君や九鬼さんの相手をする女性(?)たちを通じて、その悲しみの色を感じるのは、わたしだけではないはずだから。快楽の裏にある、切ない色。それが物語の端々でカクテルとなったとき、その深い情念というものを思い、じくじくと疼く痛みを無視などできなくなってしまうのだった。そこには、物事における二面性に怯えつつ、自分を恥じるわたしがいた。

4062750198よもつひらさか往還 (講談社文庫)
倉橋 由美子
講談社 2005-03

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

01 安房直子の本 | 01 雨宮処凛の本 | 02 池澤夏樹の本 | 03 いしいしんじの本 | 03 石井睦美の本 | 03 絲山秋子の本 | 04 井上荒野の本 | 04 稲葉真弓の本 | 05 岩阪恵子の本 | 06 魚住陽子の本 | 07 江國香織の本 | 08 大島真寿美の本 | 09 小川洋子の本 | 09 長田弘の本 | 10 荻原浩の本 | 11 尾崎翠の本 | 12 恩田陸の本 | 13 角田光代の本 | 13 鹿島田真希の本 | 14 金井美恵子の本 | 14 金原ひとみの本 | 15 川上弘美の本 | 15 川端康成の本 | 16 北村薫の本 | 17 桐野夏生の本 | 18 久坂葉子の本 | 18 倉橋由美子の本 | 19 栗田有起の本 | 20 黒川創の本 | 21 小池昌代の本 | 22 河野多恵子の本 | 23 桜庭一樹の本 | 23 酒井駒子の本 | 24 佐藤亜有子の本 | 24 佐藤友哉の本 | 25 佐野洋子の本 | 26 重松清の本 | 27 澁澤龍彦の本 | 28 島田雅彦の本 | 29 島本理生の本 | 30 清水博子の本 | 31 庄野潤三の本 | 31 朱川湊人の本 | 31 笙野頼子の本 | 32 瀬尾まいこの本 | 33 嶽本野ばらの本 | 34 太宰治の本 | 35 田辺聖子の本 | 35 谷崎潤一郎の本 | 36 多和田葉子の本 | 36 津村記久子の本 | 37 中島たい子の本 | 37 中島京子の本 | 38 中島らもの本 | 39 長野まゆみの本 | 40 中原昌也の本 | 40 夏目漱石の本 | 41 中山可穂の本 | 41 中村文則の本 | 41 楡井亜木子の本 | 42 蜂飼耳の本 | 42 長谷川純子の本 | 43 服部まゆみの本 | 44 平田俊子の本 | 44 東直子の本 | 45 古川日出男の本 | 45 福永武彦の本 | 46 星野智幸の本 | 47 堀江敏幸の本 | 48 前川麻子の本 | 48 町田康の本 | 49 三浦しをんの本 | 50 皆川博子の本 | 51 村上春樹の本 | 52 本谷有希子の本 | 53 森絵都の本 | 54 山田詠美の本 | 54 湯本香樹実の本 | 54 矢川澄子の本 | 55 吉田篤弘の本 | 56 吉本ばななの本 | 57 吉行淳之介の本 | 58 海外作家の本(アメリカ) | 59 海外作家の本(イギリス) | 60 海外作家の本(フランス) | 61 海外作家の本(イタリア) | 62 海外作家の本(ドイツ) | 63 海外作家の本(ロシア) | 64 海外作家の本(その他&分類不可) | 65 新潮クレスト・ブックス | 66 Modern&Classicシリーズ | 67 白水Uブックス | 68 エッセイ・詩・ノンフィクション本 | 69 アート・絵本 | 70 漫画本 | 71 猫の本 | 72 犬の本 | 73 心理学・精神医学関連の本 | 74 その他の本 | ウェブログ・ココログ関連 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌