15 川端康成の本

2009.06.25

古都

20090624_034 四季の移ろいと共に紡がれる物語は、何とも味わい深いものがある。京都という土地を全く知らないわたしにとっては、そこで行われる四季折々の行事ひとつひとつが奥ゆかしいぬくもりを持って、魅力的なものとして伝わってきた。そして、そうした四季折々の行事に彩りを添える物語が、また美しくも複雑な心理を描き出しているようで興味深かった。川端康成著『古都』(新潮文庫)は、京都の呉服問屋の家の前に捨てられ、大切な一人娘として育てられてきた千重子が、偶然自分と瓜二つの村の娘・苗子と出会う物語だ。その娘は、どうやら生き別れとなった千重子の姉妹らしい。互いに惹かれ合いながらも、身分の異なる育ちを20年間してきたために、一緒になれない姉妹。それが何とももどかしい。

 物語は淡々と進み、千重子の自分が捨て子である、という発言以外は、京都の四季の移り変わりに目を奪われる。けれど、千重子が双子の姉妹らしき苗子と出会ってから、読み手はその動向に目を奪われはじめることだろう。それまでの千重子は、自分が捨て子であるという引け目から、両親(育ての親)に対しての感謝の念が溢れんばかりで、何でも両親の言うとおりにしてきたし、今後もそのつもりで生きてきたのだった。けれど、苗子と出会ってからは、彼女に会いたい思いが強く出てきて、そのような願望を持つ罪悪感と葛藤している。貧しい生活を強いられている苗子。けれど、苗子だったかもしれない自分を思うと、感情は複雑に絡み合い交錯する。実に、奥ゆかしい感情でもある。

 一方、苗子のほうはというと、やはり千重子との身分の違いを気にしている。千重子のことを“お嬢さん”と呼ぶほどであるから、よほど自分の身の上を恥じていたのかもしれない。千重子のことを思えば思うほどに、千重子に迷惑にならないように会うこともためらうほどである。山奥の村で、ひそやかに千重子を思い続けるばかりだ。その決意は固く、村に会いに行くのはもっぱら千重子で、千重子の家にはなかなか来ようとしない苗子。20年という月日は、とてつもなく長いものであったと感じずにいられない。けれど、同時に出会った先から惹かれ合うほどに二人は強く結ばれていたと考えれば、月日など本当は関係ないのかもしれない。きっと苗子の中の感情も複雑だったに違いない。

 双子の姉妹のそれぞれの生い立ち、再会、姉妹の絆、ある一人の男をめぐる姉妹の葛藤…物語の要素は一見波乱を呼びそうにも思えるけれど、あくまでも淡々と四季折々の描写と共に展開する。あくまでも家族や姉妹同士の思いやりや慈しみが物語の軸としてあるような気がするのだ。そうして、相手を思いやる気持ちが、何が最良の選択なのかを見出すのである。物語世界は、徹底して上品な奥ゆかしさの中にあって、わたしたちが現在過ごす時間とは異なる流れすら感じる。京都という土地がそうさせたのか。それとも、時代がそうさせたのか。京都を知らないわたしにはわからない。ただわかるのは、互いを思い合う姉妹が、それぞれの環境の中で懸命に生きてゆくであろうということくらいだ。

4101001219古都 (新潮文庫)
川端 康成
新潮社 1968-08

by G-Tools

人気ブログランキングへ
本ブログ 書評・レビュー←宜しければクリックお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.26

夕映え少女

20070226_012 ひんやりとした手触りで、哀しいほどに美しくて。少女という限られた年月が、たまらなく愛おしくて。女でもなく、もちろん男でもなく、かといって子どもと呼ぶには多くの憂いを含みすぎていて。だから少女は、あくまでも少女という器のまま、無垢で高慢で在り続けていた。そうできる時間を深く噛みしめるように…。川端康成著『夕映え少女』(新風舎文庫)。とりわけ心惹かれる表題作は、微妙な年頃の少女の心情を鮮明に描き出している。その起伏のある思いも、あるがままに。少女の見ている光景をつぶさに捉え、読み手の目をぐいぐいと誘うのだ。収録されている七つの短編はいずれも、女性・少女を描いた作品で、物語の端々に著者自身の翳りが見られるように感じられる。

 少女の心情を捉えた作品は表題作の他にもいくつかあるのだが、一番はじめに収録されている「むすめごころ」では、なんとも複雑な心持ちを思わずにはいられない。咲子という少女が、静子という少女への思いの丈を紡いだ手紙を通じて、わたしたちはその揺れ動く心情を知るのである。親しい青年は、自分よりも親友にこそ相応しいと思い、譲るのであるが、二人が結婚にまで至ると、なんだかやるせないような、心苦しいような思いに包まれる、というもの。これは、素直になれない心の裏返しだろうか。二人の幸せを何より望んでいた少女が、自分の想いに気づいたときは、遅かった…という。淡く滲んだ、なんとも切ない少女の恋心かな。そうして思わず、初恋を思い出してしまう。

 そして、これまた淡い恋心を感じさせる「イタリアの歌」。ある大学の実験室にて起こった爆発事故の、衝撃的なシーンからはじまる物語である。火傷を負った博士と女助手。もう手遅れの博士に対して、女助手はわりと軽症であり、周囲の人々はその関係性を様々に噂する。女助手の心情が明らかでない分、その内面の激しさを読み手はぞくぞくっと始終感じてしまう。そして、物語の主人公は博士だったはずなのに、女助手の方へゆらゆらと惹きつけられるから、なんとも不思議である。ふいに女助手が口ずさむ“イタリアの歌”は、哀しみを必死に耐えるようにも思われ、ラストシーンまで胸を締めつけるよう。刻銘に描かずとも伝わる心情があることに驚かされた作品だった。

 表題作「夕映え少女」。タイトル通り、絵画的な作品であり、夕映えのごとく美しい少女と静養している少年の関係と、それをつぶさに知る女中の存在と、少女の美しさに惹かれて絵を描いた貧しい画家の存在が、順々に絡み合い、面白い構図を作りあげている。物語の語り手である男性の視点は、著者本人に重なり、ふくらみを増すようでもある。物語の中心になるのは、少女を描いた絵。それゆえ、読み手であるわたしたちは、その夕映えの少女像を脳裏に深く思い浮かべてしまう。夕映え。その色をいつかどこかで見かける日。きっと、この物語を思い出すのだろうと思う。そして、少女だったかつての日々を、今以上に懐かしんで愛おしく感じられる気がする。

4289500013夕映え少女 (新風舎文庫)
川端 康成
新風舎 2006-06

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ←素敵ブログ、いっぱい。
もしもお気に召しましたら人気blogランキングへ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

01 安房直子の本 | 01 雨宮処凛の本 | 02 池澤夏樹の本 | 03 いしいしんじの本 | 03 石井睦美の本 | 03 絲山秋子の本 | 04 井上荒野の本 | 04 稲葉真弓の本 | 05 岩阪恵子の本 | 06 魚住陽子の本 | 07 江國香織の本 | 08 大島真寿美の本 | 09 小川洋子の本 | 09 長田弘の本 | 10 荻原浩の本 | 11 尾崎翠の本 | 12 恩田陸の本 | 13 角田光代の本 | 13 鹿島田真希の本 | 14 金井美恵子の本 | 14 金原ひとみの本 | 15 川上弘美の本 | 15 川端康成の本 | 16 北村薫の本 | 17 桐野夏生の本 | 18 久坂葉子の本 | 18 倉橋由美子の本 | 19 栗田有起の本 | 20 黒川創の本 | 21 小池昌代の本 | 22 河野多恵子の本 | 23 桜庭一樹の本 | 23 酒井駒子の本 | 24 佐藤亜有子の本 | 24 佐藤友哉の本 | 25 佐野洋子の本 | 26 重松清の本 | 27 澁澤龍彦の本 | 28 島田雅彦の本 | 29 島本理生の本 | 30 清水博子の本 | 31 庄野潤三の本 | 31 朱川湊人の本 | 31 笙野頼子の本 | 32 瀬尾まいこの本 | 33 嶽本野ばらの本 | 34 太宰治の本 | 35 田辺聖子の本 | 35 谷崎潤一郎の本 | 36 多和田葉子の本 | 36 津村記久子の本 | 37 中島たい子の本 | 37 中島京子の本 | 38 中島らもの本 | 39 長野まゆみの本 | 40 中原昌也の本 | 40 夏目漱石の本 | 41 中山可穂の本 | 41 中村文則の本 | 41 楡井亜木子の本 | 42 蜂飼耳の本 | 42 長谷川純子の本 | 43 服部まゆみの本 | 44 平田俊子の本 | 44 東直子の本 | 45 古川日出男の本 | 45 福永武彦の本 | 46 星野智幸の本 | 47 堀江敏幸の本 | 48 前川麻子の本 | 48 町田康の本 | 49 三浦しをんの本 | 50 皆川博子の本 | 51 村上春樹の本 | 52 本谷有希子の本 | 53 森絵都の本 | 54 山田詠美の本 | 54 湯本香樹実の本 | 54 矢川澄子の本 | 55 吉田篤弘の本 | 56 吉本ばななの本 | 57 吉行淳之介の本 | 58 海外作家の本(アメリカ) | 59 海外作家の本(イギリス) | 60 海外作家の本(フランス) | 61 海外作家の本(イタリア) | 62 海外作家の本(ドイツ) | 63 海外作家の本(ロシア) | 64 海外作家の本(その他&分類不可) | 65 新潮クレスト・ブックス | 66 Modern&Classicシリーズ | 67 白水Uブックス | 68 エッセイ・詩・ノンフィクション本 | 69 アート・絵本 | 70 漫画本 | 71 猫の本 | 72 犬の本 | 73 心理学・精神医学関連の本 | 74 その他の本 | ウェブログ・ココログ関連 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌