02 池澤夏樹の本

2008.02.17

やがてヒトに与えられた時が満ちて……

20070215_046 感覚、というものを考えるとき、在る、ということがゆらぐ。わたし、という存在もゆらぐ。わたしの周囲にあるものの存在も、ありとあらゆるものものがゆらぎ出す。もちろん、わたし、を司る思考も。そもそも、わたしという概念はどこからくるものなのか。わたしという存在が、なぜ“わたし”と他者を識別できるのか。人を人とたらしめているものとは、何であるのか。あたりまえに身の回りにはびこる“在る”を意識し出してしまうと、際限なく苦悩に満ち満ちてくる。そうして鋭敏に研ぎ澄まされた感覚はとどまることを知らず、外側へ外側へとわたしたちを解放してゆく。“わたし”という存在を超えた、ずっと先の方へと。わたしたちの、知らぬうちに。

 そんなことをついぞ思考してしまうほどに、池澤夏樹著、普後均写真『やがてヒトに与えられた時が満ちて……』(角川文庫)を読みながら、ぐらぐらとゆらぐわたしがいた。それは、物語が今いる場所の不確かさ、危うさを問うてきているように感じたからに違いない。誰もがある意味で満たされた生活を送ることができる、いわゆる理想郷に近い植民都市ラグランジュを舞台に展開する物語であるにもかかわらず、である。地球が人の住めない場所になった近未来の設定で、ヒトはCPUネットワークによって均一に管理された閉鎖的な空間の中にいる。過去の記憶を捨て去り、新たな文明の中で生きよ、と。文明は生まれては変化し、やがて消滅するさだめにあるというのに、だ。

 そうして物語は、ヒトが自分たちの手の中に進化の装置を持ってしまったゆえに、過ちを犯すさまを描く。その結果、孤立した空間に暮らすヒトの悲しみを哲学的にも問うてくる。その安定と自律は、果たして幸福なのか。人間的である、ということの本当の意味を。そして、死生観までも問う。人間にとって基本的な何かを見失うこと。それは既に、加速の傾向にあるのかもしれない。せっかちに動き回るわたしたちのことだ。この先のことなどわからない。わからないからこそ、わからないことに苦悩して安定と自律を早々と望んでしまうかもしれない。物語が示唆する、ヒトの終末というものを読み進めるうちに、わからないことさえわからなくなってきてしまう有り様のわたしなのだった。

 だが、わからない、という感情を持てる喜びを、今わたしは感じている。その、ほどよい圧迫感。じんわりと痛み、震える脳内。速まる鼓動…そういうものがすべて愛しくなるほどに、わたしは、わたしであることに夢中になっていることに気づく。もはやそれは、ホモ・サピエンスとしてのヒトでもなく、人間でもなく、女でもない。あくまでも“わたし”という個体であるのみだ。それも、不確かで曖昧な。けれど、確実に他者と区別できる存在としての。物語のように宇宙を思うとき、こんなにも個を実感するのは、わたしの器の小ささゆえなのかもしれないが、それでも、この愛しさをしっかり抱えて、わたしはわからないものと向き合わねばなるまい。わからないなりに、懸命に。

4043820011やがてヒトに与えられた時が満ちて… (角川文庫 い 58-2)
普後 均
角川書店 2007-11

by G-Tools

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ←励みになりますので、宜しければクリックお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

その他のカテゴリー

01 安房直子の本 | 01 雨宮処凛の本 | 02 池澤夏樹の本 | 03 いしいしんじの本 | 03 石井睦美の本 | 03 絲山秋子の本 | 04 井上荒野の本 | 04 稲葉真弓の本 | 05 岩阪恵子の本 | 06 魚住陽子の本 | 07 江國香織の本 | 08 大島真寿美の本 | 09 小川洋子の本 | 09 長田弘の本 | 10 荻原浩の本 | 11 尾崎翠の本 | 12 恩田陸の本 | 13 角田光代の本 | 13 鹿島田真希の本 | 14 金井美恵子の本 | 14 金原ひとみの本 | 15 川上弘美の本 | 15 川端康成の本 | 16 北村薫の本 | 17 桐野夏生の本 | 18 久坂葉子の本 | 18 倉橋由美子の本 | 19 栗田有起の本 | 20 黒川創の本 | 21 小池昌代の本 | 22 河野多恵子の本 | 23 桜庭一樹の本 | 23 酒井駒子の本 | 24 佐藤亜有子の本 | 24 佐藤友哉の本 | 25 佐野洋子の本 | 26 重松清の本 | 27 澁澤龍彦の本 | 28 島田雅彦の本 | 29 島本理生の本 | 30 清水博子の本 | 31 庄野潤三の本 | 31 朱川湊人の本 | 31 笙野頼子の本 | 32 瀬尾まいこの本 | 33 嶽本野ばらの本 | 34 太宰治の本 | 35 田辺聖子の本 | 35 谷崎潤一郎の本 | 36 多和田葉子の本 | 36 津村記久子の本 | 37 中島たい子の本 | 37 中島京子の本 | 38 中島らもの本 | 39 長野まゆみの本 | 40 中原昌也の本 | 40 夏目漱石の本 | 41 中山可穂の本 | 41 中村文則の本 | 41 楡井亜木子の本 | 42 蜂飼耳の本 | 42 長谷川純子の本 | 43 服部まゆみの本 | 44 平田俊子の本 | 44 東直子の本 | 45 古川日出男の本 | 45 福永武彦の本 | 46 星野智幸の本 | 47 堀江敏幸の本 | 48 前川麻子の本 | 48 町田康の本 | 49 三浦しをんの本 | 50 皆川博子の本 | 51 村上春樹の本 | 52 本谷有希子の本 | 53 森絵都の本 | 54 山田詠美の本 | 54 湯本香樹実の本 | 54 矢川澄子の本 | 55 吉田篤弘の本 | 56 吉本ばななの本 | 57 吉行淳之介の本 | 58 海外作家の本(アメリカ) | 59 海外作家の本(イギリス) | 60 海外作家の本(フランス) | 61 海外作家の本(イタリア) | 62 海外作家の本(ドイツ) | 63 海外作家の本(ロシア) | 64 海外作家の本(その他&分類不可) | 65 新潮クレスト・ブックス | 66 Modern&Classicシリーズ | 67 白水Uブックス | 68 エッセイ・詩・ノンフィクション本 | 69 アート・絵本 | 70 漫画本 | 71 猫の本 | 72 犬の本 | 73 心理学・精神医学関連の本 | 74 その他の本 | ウェブログ・ココログ関連 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌